烈海王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

烈海王(れつかいおう)は、板垣恵介の漫画作品『グラップラー刃牙』シリーズに登場する架空の人物である。アニメの声優は安井邦彦。外見のモデルはIFBBプロボディビルダーケビン・レブローニ

プロフィール[編集]

  • 本名:烈 永周(れつ えいしゅう)
  • 年齢:不詳
  • ファイトスタイル:中国拳法(白林寺)
  • 身長:176センチメートル
  • 体重:106キログラム

概要[編集]

香港出身。色黒で髪を辮髪に編んだ中国人。回想で劉海王から「小龍」と呼ばれている。「海王」とは、作中の中国武術界における高位の称号(海皇の下、洋王の上)。その海王の中でも群を抜いて優秀な人物であり、修行した黒竜江省の白林寺では「魔拳」と呼ばれている。

身長176センチと比較的小柄ではあるが、刃牙が初めて烈の体を見た時、「どう造ったのか」と言うほどの肉体の持ち主。己の拳足のみを用いて、巨大な黒曜石を直径約2mものほぼ真球にしてしまうほか、200坦(約1,8トン)の釣鐘を叩き壊すほどの功夫の持ち主。

アニメ版オリジナルシナリオでは、海王認定は怒李庵(ドリアン)海王(死刑囚編 ドリアンの項目参照)の推薦となっている。

中国拳法の歴史に大きな誇りを持ち、当初は中国4000年を鼻に掛け過ぎた傲慢な性格であったが、刃牙に敗れて以降は態度を改め温和な性格になった。その一端として面倒見のいい性格を発揮し、劇中においてあらゆる意味で万人に信頼されるキャラクターになった。

ただし改心後も、中国拳法への絶対的な矜持や思ったことは躊躇わず主張するなど根の激しさは変わっておらず、自我が勝って空気を読まない言動も多々見られ、相手の逆鱗に触れることが多い。その反面、感謝されると照れたり満面の笑みを浮かべたりし、怒らせた相手にも非を認めればあっさりと頭を垂れる一面も見せている。

劇中の登場人物の中でも、自己鍛錬や強敵との戦いに対する執念の度合いは屈指のレベルを有し、傍目には無謀な挑戦を持ちかけられても「わたしは一向に構わん」と返答するのが口癖と化しているが、これは彼自身の性格や性情のみならず、まだ「海王」の称号を頂く以前に起こった出来事にも起因している節がある。

ファイトスタイル[編集]

海王の名に恥じぬ高度な中国武術の技量は、刃牙をして「世界を探した所で、彼に勝ちうる人間など見つかるか分からない」と賞賛せしめるほどで、武器術にも長ける。水面を走るほどの超人的脚力は驚異である他、闘いにおいても過信や油断はせず不意打ちも辞さない。

転蓮華
相手に肩車のような体勢で組み付き、胡坐のように両足で首を固定しつつ回転し首を破壊する技。
見えない目潰し
ガイアの「鼓膜破り」のように特殊な呼吸で大量の空気を吸い込んだ後、拳で圧縮しつつ鋭く相手の目に吹き付け視界を奪う。
寸勁
拳を相手の身体にほぼ密着させて叩き込む発勁。別名「1インチパンチ」。
驚愕の足技
手のように自在に動く足と足指を用いる技術。足指で相手を掴んで投げる、足指を握りこんで拳を作り打突する(足拳)など様々な技がある。このため、烈が功夫靴を脱ぐことはボクサーがグローブを外す行為に例えられる。
打顎六連撃
顎部のみに集中させた打撃の六連撃。これにより数千回の脳震盪が襲う。
グルグルパンチ
対ピクル戦でピクルにまったく中国拳法が通用しなかったため、4000年の威厳を護るために取った苦肉の攻撃手段。両腕を回転させて標的を殴打する。当のピクルにはまったく効かなかった。
崩拳
中国拳法を代表する武器(中段突き)。ピクルに対して放ったが全力の頭突きに押し負けた。
無寸勁
僅かな隙間も開けず、完全密着した状態からの発勁。烈はこれでボクシンググローブを填めたままグローブを貫通させたり、元ヘビー級チャンピオンのアンドレイ・ワーレフを一撃で沈めた。その速さたるやカメラにも映らない。

作中での活躍[編集]

修行時代[編集]

最強死刑囚編でドリアンと対峙した折、烈は己の過去を回想する。まだ烈が白林寺で修行を積んでいた頃、彼は屈指の実力を誇っていたが、周囲が眉を顰めるほどの粗暴な言動が目立ち、海王の称号を頂けずにいた。その憤りから、師事する劉海王が弟子達の前で見せた、水が満たされた水槽に打撃だけでどこまで大波を作れるのかという力試しに乱入し、「力があるのに粗暴だから、私を認めないのか」と詰め寄った。そんな烈を劉は白林寺の地下に連れて行き、そこで山の岩盤を貫く大穴を見せ、これは昔とある男が、武器も道具も一切使わず己の拳足だけで作ったと説明。驚く烈に劉は海王の称号を与えない理由を「これだけのことをやってのけた男に比べたら、単に未熟だから」と明かした。さらに劉は男について尋ねる烈にこう答える。「決して許されざる過ちを起こした男」と。この男こそが、他でもないドリアン、もとい欧米人で初めて海王の称号を頂いた「怒李庵 海王」であった。

最大トーナメント編[編集]

最大トーナメント編では、1回戦の相手セルゲイ・タクタロフを手玉に取り、2回戦でもマウント斗羽を1分足らずで撃破。3回戦では「空手界の最終兵器」愚地克巳の音速拳に驚愕するも[1]実際の対戦では、培った戦術を駆使し、克巳のマッハ突きとの直接対決を避け、結果的に克巳を一撃の元に下し「魔拳」の名に相応しい実力を見せ付けた。準決勝では刃牙と激突するが、「範馬の血」に目覚めた刃牙の潜在能力の前に敗退した。

最凶死刑囚編[編集]

トーナメント後は愚地克巳に、神心会に招待された。突如現れたドリアンに克巳が倒され、ドリアンと対峙したが、ほとんど戦わずに逃げられ、激昂する。その後、ドリアンによって死亡寸前の加藤を発見し、遊園地にて神心会メンバーと共に対峙した。この時、ドリアンが海王であることを知り、一時は同門対決を禁ずる掟に従ったが、独歩を火薬で倒したドリアンに対し、「敗北を知りたい」というその主義の矛盾を明らかにした上で、彼を完全に敗北させた。鎬昂昇を破った最凶死刑囚のドイルに対しても、飛鏢流星錘多節棍柳葉刀を使い彼を追い詰めたが、ジャックに薬を打たれて気絶したため、決着はつかなかった。

中国大擂台賽編[編集]

毒により瀕死になった刃牙を中国へつれてゆき、復活の手助けをした。

大擂台賽には白林寺代表の1人として参加。一回戦で孫海王を軽くあしらい、5VS5マッチになってからは高い人間力を持つ寂海王をてこずりながらも撃破し、中国連合軍唯一の白星をあげた。

ピクル編[編集]

ピクルに興味を抱き、ピクルのいる在日米軍基地に「夜這い」を行うなどの執着の末、ピクルの「餌」として戦うことを光成に志願する。ピクルを相手に武術を駆使して戦うが、武術が想定している「人間」の範疇を逸脱したピクルの身体能力の前に不利となり、ついには敗北によって中国武術がこれ以上汚れることのない様、武術も海王の称号も捨ててただの1人の男として、もはや技とはいえないグルグルパンチをピクルに繰り出す。しかし、ピクルの反撃に対し、無意識に武術の技でガードし、さらには「烈海王」としての自らの幻影を見たことで、武術に身を置いて戦うことを決意し、なおかつ「人間」の範疇を超えるピクルとの戦いで、中国武術の新たな1ページを記そうと覚悟し望む。しかし、ピクルの超速タックルにカウンターを当てるも打ち負けて吹き飛ばされ、右足を食われ失う。

烈が右足を食われたとの報は、克巳を含めた多くの面々に衝撃を与えるが、彼自身は右足を失ったことよりも、食べられたのが右足だけで終わった結果を前に、光成に自分を餌にと志願したのが、本当に負けて餌となる覚悟が出来ていたのかどうかを己の心に深く問い掛ける。そんな烈を見舞った刃牙は、そうした姿勢が姓である「烈」という語が持つ「道に外れない」という意味そのままであると評した。その後、義足を装着しながらも克巳へ協力を申し出、マッハ突きの改良に寄与した。片足が義足となった後も、巧みな身体操作によって、そのハンディを感じさせない強さを見せる。

ピクル編終了後[編集]

足を失おうとも戦士として戦いを諦めず、ボクシング界へ挑戦した。カイザーと出会い、彼が用意する強敵に惹かれ、アメリカへ渡る。アメリカデビュー戦で元世界へヴィ級チャンピオンのアンドレイ・ワーレフを一蹴。続くジョー・クレーザー戦ではグローブの利を活かした相手に苦戦するものの、最後は一本拳でKO勝ちを収めた。その直後、ボクシング4団体統一王者ウィルバー・ボルトが登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 対戦当初は「マッハ突きは、中国拳法の進歩が二千年前に通過した場所」等と酷評していたが、ピクル編にて、自身が可能なのは演武のみであったことを告白。「マッハ突きが実戦の場で使用される様子を目撃して背スジが凍った」と、当時の心境を吐露し評価している。なお郭は完全に実践可能とのこと。

関連項目[編集]