点訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

点訳(てんやく)は、墨字の文章を点字にすること。点字訳。

方法[編集]

日本語の点字(一般的な6点式点字)の場合、墨字が漢字仮名交じり文章に対して、点字は仮名文字文章なので、点字用に仮名読みに変換・分かち書きを行う必要がある。

  1. 墨字の文章を仮名読みにして、分かち書きを行う。
  2. 点字器やブレーラーを用いて紙に打ち込む(パソコン点訳の場合はデータ入力を行う)。

道具[編集]