点線と破線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

点線(てんせん)は、を表現するために一定間隔でを表示したものである(例 : ・・・・)。点の形状は、および正方形菱形が用いられる。また破線(はせん)は、線を表現する際に一定間隔で隙間を作ったものである(例 : ----)。ミシン(みしんめ)や(させん)とも呼ばれる。これらと対比させる場面などで、単なる線は「実線」と呼称されている。

さらに破線と点線を組み合わせたものもあり、破線の間隙部分の中央に点を入れた一点鎖線(いってんさせん、例 : -・-・-)、同じく点が2つ入る二点鎖線(にてんさせん、例 : -・・-・・-)などがある。

いずれも画面や図面、物体に線を引く場合、あるいは複数のデータを一つのグラフに表記する場合など、それぞれの線の意味が違う場合にそれを区別できるようにするのに使われる。単なる意味の区別とされる場合もあるが、破線や鎖線は往々に実線より意味の弱い、あるいは価値の低い線という意味を含ませる。

用途[編集]

生活[編集]

  • 道路の路面に使用する。
  • ミシンをかける箇所に使用する。
  • の折代を示す。たとえば折り紙においては、折り方の説明の図示では折る位置を示す線を点線で、切れ込みを入れる等、切る線を実線で示すのが通例である。
  • 書類において切り取り線に用いる。たとえば何らかの申込用紙でよくある形に、紙の上の方に申し込みに関する説明、記入法などを書き、点線で区切ってそこから下を申込用紙の記入欄とする。申し込む際には点線で切り取って記入欄の部分だけを送る、といった形である。

社会[編集]

たとえば国土地理院発行の五万分の一地形図では通常の等高線は二〇メートルおきであるが、なだらかな地形の場合、補助的に一〇メートルおきに等高線を用い、これを点線で表す。
  • 地図で、通常な道路と異なる道路として用いる。
同じく、復員1.5m以上の道路は様々な形の実線を用い、それ以下の道路を破線で表す。また、国道などでも建設中等、通行不能の区画は実線に点線を沿えて示す(点線国道)。また、鉄道では地下鉄を点線で示す。
  • 地図で国や地域の境界線を示す。
同上の場合、これについては実際の地形上に現れないものであるから、すべて様々な形での破線、点線、一点鎖線等を用いている。

数学[編集]

科学[編集]

線に関する規定[編集]

関連項目[編集]