点状出血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

点状出血: petechia)とは微小出血毛細血管の破綻)により生じる身体上の赤色ないし紫色の点[1]。点状出血は一般的に咳嗽嘔吐のような身体外傷の結果、顔面の点状出血として特に眼の周囲に出現する。この場合の点状出血は通常は無害かつ数日で消失する。点状出血は血小板機能の阻害による血小板減少症(ある種の感染症の治療の副作用などを原因とする)や凝固因子欠損症の症候として出現することもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kumar, Vinay; Abbas, Abul K.; Fausto, Nelson; & Mitchell, Richard N. (2007). Robbins Basic Pathology (8th ed.). Saunders Elsevier. p. 86 ISBN 978-1-4160-2973-1