炎加世子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ほのお かよこ
炎 加世子
本名 三塚 賀世子 (みつづか かよこ)
奥津 賀世子 (おくつ かよこ・出生名)
生年月日 1941年1月16日(73歳)
出生地 日本の旗 日本 東京市本所区両国
(現在の東京都墨田区両国)
職業 女優
ジャンル 軽演劇映画
活動期間 1957年 - 1969年
配偶者 三塚某
主な作品
太陽の墓場フランス語版
乾いた湖
悪人志願

炎 加世子(ほのお かよこ、1941年1月16日 - )は、日本の女優である[1][2][3]。本名三塚 賀世子(みつづか かよこ)、出生名奥津 賀世子(おくつ かよこ)[2]松竹ヌーヴェルヴァーグの代表的女優として知られる[3]

人物・来歴[編集]

1941年(昭和16年)1月16日東京市本所区両国(現在の東京都墨田区両国)に生まれる[2]大妻高等学校在学中から劇団に所属、1959年(昭和34年)の卒業後は、浅草公園六区軽演劇に出演していた[3]。このころ自殺未遂を経験したとされる[4]

1960年(昭和35年)に松竹大船撮影所の社員監督大島渚にスカウトされ、同年8月9日に公開された映画『太陽の墓場フランス語版』で、満19歳にして初主演・映画デビューを果たす、とされるが[3]、同年3月15日に東映が配給して公開された東映東京撮影所製作、小沢茂弘監督の映画『ずべ公天使』 に小さな役ですでに映画出演はしている[1][2]。以降、同年中に篠田正浩監督の『乾いた湖』、田村孟監督の『悪人志願』(主演)等の6作に出演、強烈な印象を残す[3]郷鍈治加山雄三松方弘樹江波杏子三上真一郎佐々木功橋幸夫森山加代子星由里子らとともに、新進女優として注目される[5][6]

1961年(昭和36年)いっぱいまでは松竹作品に出演を続けるが、1962年(昭和37年)からは、テレビ映画への出演が中心になる[1][2]。1964年(昭和39年)5月、結婚・妊娠が報道されている[7]

2012年(平成24年)6月現在、炎の出演した劇場用映画は、『太陽の墓場』『乾いた湖』『悪人志願』(以上すべて1961年)『夕陽に赤い俺の顔』(1961年)『にっぽん昆虫記』(1963年)の5作の上映用プリントを、東京国立近代美術館フィルムセンターが所蔵している[1]。『太陽の墓場』は2008年(平成20年)8月27日にDVDが、『乾いた湖』『悪人志願』は、1998年(平成10年)6月21日にVHSセルビデオが、それぞれ松竹ホームビデオから、『にっぽん昆虫記』はDVDが2009年(平成21年)7月17日にハピネットから発売されている。

フィルモグラフィ[編集]

すべて出演である[1][2]

1960年
1961年
1962年
1963年
1964年
1965年
1966年
1969年

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書を中心とした自筆原稿および掲載記事の一覧である[9]

  • 「芸能トピックス 炎加世子が松竹『太陽の墓場』で映画女優として - 自殺未遂をした踊り子が拾った幸運」、『週刊平凡』第2巻第28号、平凡出版、1960年7月、p.50-52.
  • 「『太陽の墓場』で再起する 炎加世子」、「週刊明星』第3巻第28号、集英社、1960年7月、巻末
  • 「特集 〝セックスするのって素敵だと思うワ〟炎加世子の生活と意見 セックスを平気で口に出していう女優」『週刊平凡』第2巻第33号、平凡出版、1960年8月、p.26-29.
  • 「ヌーベル・バーグ女優 炎加世子」、『週刊平凡』第2巻第34号、平凡出版、1960年8月、p.61-67.
  • 『対談 恋していたい』佐々木功・炎加世子、『週刊明星』第3巻第32号、集英社、1960年8月、p.84-89.
  • 『カラー・スポット 炎加世子』田中喬太郎、『週刊サンケイ』第9巻第39号、サンケイ出版、1960年8月、巻末
  • 「芸能ニュース 中村八大と炎加世子の友情物語 フッと淋しいとき私は詩を書くの」中村八大・炎加世子、『週刊平凡』第2巻第38号、平凡出版、1960年9月、p.76-84.
  • 『セックス対談 ソコを狙っていわせるの?』炎加世子・扇圭子、『週刊平凡』第2巻第39号、平凡出版、1960年9月、p.72-75.
  • 「炎加世子に50のズバリ・テスト - 19歳の太陽娘をハダカにする」、『週刊明星』第3巻第35号、集英社、1960年9月、p.24-27.
  • 『ある友人への手紙 各社新進男女優の展望』尾崎宏次、『キネマ旬報』1960年10月上旬秋の特別号所収、キネマ旬報社、1960年10月、p.80.[2]
  • 「特別インタビュー 私たちは好き合っている 炎加世子と佐々木功が告白する恋愛」、『週刊平凡』第2巻第43号、平凡出版、1960年10月、p.46-49.
  • 「佐々木功と炎加世子」、『週刊明星』第3巻第39号、集英社、1960年10月、巻末
  • 「特集 炎加世子 桑野みゆき19歳のライバル〝告白テスト〟」、『週刊明星』第3巻第40号、集英社、1960年10月、p.22-25.
  • 「日本映画の新しい顔特集 郷鍈治・炎加世子・加山雄三・千代侑子・松方弘樹・江波杏子・三上真一郎・小林裕子」、『週刊明星』第3巻第41号、集英社、1960年10月、巻末
  • 「炎加世子さん」、『主婦と生活』第15巻第10号、主婦と生活社、1960年10月、p.166.
  • 「炎加世子 柏木優子ショック対決」、『週刊明星』第3巻第45号、集英社、1960年11月、p.82-85.
  • 「時代劇に初出演の炎加世子」、『週刊明星』第3巻第46号、集英社、1960年11月、巻末
  • 「グラビア 新しいスター・炎加世子」、『面白倶楽部』第13巻第13号、光文社、1960年12月、巻頭
  • 『ハイティーン・スター座談会 この若さ!この楽しさ!』松方弘樹・佐々木功・橋幸夫森山加代子・炎加世子・星由里子月丘昌美、『平凡』第16巻第12号、平凡出版、1960年12月、p.126-133.
  • 『リレー・スピーチ ズベ公はあきちゃった』炎加世子、『キネマ旬報』1961年1月下旬号所収、キネマ旬報社、1961年1月、p.43.[2]
  • 「今週のニュース・レーダー 皇太子夫妻・炎加世子ほか」、『週刊明星』第4巻第5号、集英社、1961年2月、巻末
  • 『キネマ旬報無題欄 キコリのつもり』炎加世子、『キネマ旬報』1961年3月上旬号所収、キネマ旬報社、1961年3月、p.78.[2]
  • 「芸能トピックス 私は女優だけではつまらない!炎加世子が女カメラマンに転向する」、『週刊平凡』第3巻第10号、平凡出版、1961年3月、p.70-73.
  • 『女カメラマン入門 炎加世子』川合一夫、『週刊明星』第4巻第12号、集英社、1961年3月、巻末
  • 『青春の愛と死の瞬間』吉行淳之介ヨネヤマママコ・炎加世子、『主婦と生活』第16巻第5号、主婦と生活社、1961年5月、p.114-119.
  • 『特集 噂のスターのその後 あの人は…どうしてる?』岡田真澄・炎加世子・梅若正二浜村美智子雪村いづみリー・スミスコロムビア・ローズ、 『明星』第11巻第7号、集英社、1962年5月、p.130-134.
  • 『対談 男の歴史』宍戸錠・炎加世子、『週刊明星』第6巻第40号、集英社、1963年9月、p54-57.
  • 『対談 近代化へ脱皮する不動産業界』伊集院秀武・炎加世子、『月刊経済』1963年11月15日号、月刊経済社、1963年11月、p.28-32.
  • 『手記特集 愛 その歓びとおそれと 婚約・結婚・出産 - 女の人生の転機に立って思うこと』黛ひかる・炎加世子・引地寿子左幸子寿美花代、『婦人倶楽部』第44巻第14号、講談社、1963年12月、p170-176.
  • 「炎加世子 おナカの赤ちゃんは8ヵ月」、『週刊明星』第7巻第12号、集英社、1964年5月、p.44-45.
  • 『憑かれた情熱 新登場』炎加世子・伊勢田邦彦、『週刊明星』第9巻第15号、集英社、1966年4月、p.64-67.
  • 『夫研究座談会 奥さまたちはご主人の〝もう一つの顔〟を知らない! - 四人の異色女性が体験的に語る男性の裏側』園田てる子豊原路子小森和子・炎加世子、『主婦と生活』第21巻第13号、主婦と生活社、1966年11月、p.130-133.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 炎加世子、日本映画情報システム、文化庁、2012年6月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 炎加世子キネマ旬報映画データベース、2012年6月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e 炎加世子、芸能人物事典 明治大正昭和、日外アソシエーツ、2012年6月21日閲覧。
  4. ^ 週刊平凡』第2巻第28号、平凡出版、1960年7月、p.50-52.
  5. ^ 週刊明星』第3巻第41号、集英社、1960年10月
  6. ^ 平凡』第16巻第12号、平凡出版、1960年12月、p.126-133.
  7. ^ 『週刊明星』第7巻第12号、集英社、1964年5月、p.44-45.
  8. ^ にっぽん昆虫記東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年6月21日閲覧。
  9. ^ 炎加世子国立国会図書館、2012年6月21日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]