炎の天使 (オペラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

炎の天使』(ほのおのてんし、露語:Огненный ангел)は、セルゲイ・プロコフィエフが作曲した全5幕から構成される4作目のオペラである。ごく稀に『火の天使』と表記されることもある。

概要[編集]

1919年に作曲を開始し、1927年フランスで書き上げた。台本は、ワレリー・ブリューソフValery Bryusov)が1908年に発表した同名小説を基に、作曲者が完成させた。

初演はまず、1928年6月14日セルゲイ・クーセヴィツキー指揮により演奏会形式で行われた後、パリでの上演を経て1954年11月25日シャルル・ブリュック指揮パリ放送交響楽団とレネ・アリクス合唱団の演奏でオペラ形式の初演が行われた。1928年にはこの作品の主題を使用した交響曲第3番が作曲されている。プロコフィエフは、マディエルとハインリヒを炎の天使として印象付けるため、あえて声楽を入れなかった。

楽器編成[編集]

演奏時間[編集]

約1時間55分~2時間

登場人物[編集]

人物名 声域
ルプレヒト バリトン 騎士
レナータ ドラマティックソプラノ
宿屋の女主人 メゾソプラノ
女占い師 メゾソプラノ
ネッテスハイムのアグリッパ
(ネッテスゲイムのアグリッパ)
テノール
ヨハン・ファウスト バス
メフィストフェレス テノール
修道院長 メゾソプラノ
異端審問官 バス
ヤコブ・グロック テノール 古本商
マトフェイ・ヴィスマン バリトン ルプレヒトの友人
医者 テノール
使用人 バリトン
居酒屋の主人 バリトン
ハインリヒ伯爵 歌なし
小さな少年 歌なし
  • その他(合唱):3つの骸骨、3人の隣人、2人の若い修道女、6人の修道女、異端審問官の随員、修道女たち、男声・女声合唱(舞台裏)

あらすじ[編集]

時と場所:1543年のライン地方

第1幕[編集]

第2幕[編集]

第3幕[編集]

第4幕[編集]

第5幕[編集]

参考文献[編集]

  • 『作曲家別名曲解説ライブラリー20 プロコフィエフ』 (音楽之友社
  • 『新グローブ オペラ事典』(白水社、スタンリー・セイデイ著)