火星にある人工物の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
火星

以下の表は、火星表面に存在する人工物のリストである。地球から火星に到達した宇宙船が掲載されている。そのほとんどは当初の目的を果たした後は機能を失ったが、オポチュニティは2011年9月現在も稼働している。マーズ・サイエンス・ラボラトリー、通称キュリオシティは、火星に到達した直近の人工物である。以下の表には、部品やパラシュート、熱シールド等の小さな物体は含まれていない。


一覧[編集]

人工物 画像 質量
(kg)
場所
マルス2号 [1] ソビエト連邦の旗 ソ連 1971 1210 北緯4度 西経47度 / 北緯4度 西経47度 / 4; -47 (マルス2号)
マルス3号 [2] ソビエト連邦の旗 ソ連 1971 1210 Sirenum Terra
南緯45度 西経158度 / 南緯45度 西経158度 / -45; -158 (マルス3号)
マルス6号 [1] ソビエト連邦の旗 ソ連 1973 635 Margaritifer Terra
南緯29度54分 西経19度25分 / 南緯29.90度 西経19.42度 / -29.90; -19.42 (マルス6号)
バイキング1号 Viking lander model.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 1976 657 Chryse Planitia
北緯22度28分48秒 西経47度58分01秒 / 北緯22.480度 西経47.967度 / 22.480; -47.967 (バイキング1号)
バイキング2号 Viking lander model.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 1976 657 Utopia Planitia
北緯48度16分08秒 西経225度59分24秒 / 北緯48.269度 西経225.99度 / 48.269; -225.99 (バイキング2号)
マアズ/マーズ・パスファインダー & ソジャーナ Lander and rover drawing.gif アメリカ合衆国の旗 米国 1997 360 Ares Vallis
北緯19度20分 西経33度33分 / 北緯19.33度 西経33.55度 / 19.33; -33.55 (マーズ・パスファインダー & ソジャーナ)
マアズ/マーズ・クライメイト・オービター [3] Mars Climate Orbiter 2.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 1999 629  ?
マアズ/マーズ・ポーラー・ランダー & ディープ・スペース2号 [1] Mars polar lander.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 1999 500 Ultimi Scopuli
南緯76度 西経195度 / 南緯76度 西経195度 / -76; -195 (マーズ・ポーラー・ランダー & ディープ・スペース2号)
スピリット (MER-A)[4] NASA Mars Rover.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 2004 1063 Gusev crater
南緯14度34分18秒 東経175度28分43秒 / 南緯14.5718度 東経175.4785度 / -14.5718; 175.4785 (スピリット)
オポチュニティ (MER-B)[5] NASA Mars Rover.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 2004 1063 Meridiani Planum
南緯1度56分54秒 東経354度28分27秒 / 南緯1.9483度 東経354.4742度 / -1.9483; 354.4742 (オポチュニティ)
フェニックス Pia09344.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 2008 350 Vastitas Borealis
北緯68度13分 西経125度42分 / 北緯68.22度 西経125.7度 / 68.22; -125.7 (フェニックス)
キュリオシティ Mars Science Laboratory Curiosity rover.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 2012 900
合計推定乾質量 (kg) 9,303

太字は現在も稼働中。

ギャラリー[編集]

火星上のバイキング2号
スピリット・ローバー着陸機
オポチュニティーの熱シールド

脚注[編集]

  1. ^ a b c 宇宙船は火星表面に着陸したが、着陸後に接触が途絶えた。
  2. ^ 宇宙船は火星表面に着陸したが、25秒後に通信が途絶えた。
  3. ^ 宇宙船は火星軌道への侵入を試みた際に火星に衝突したと考えられ、その一部が火星表面に到達したと推測される。
  4. ^ 2010年3月22日の通信を最後に通信が途絶え、2011年4月に正式にミッション終了宣言。
  5. ^ 2011年9月現在も稼働中。
  • ビーグル2号は、火星への着陸を試みた際に火星に衝突し、その一部は火星表面に到達したと推測されているが、確認されていない。

関連項目[編集]