瀬戸大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「瀬戸大将」

瀬戸大将(せとたいしょう)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪で、瀬戸物付喪神(器物が変化した妖怪)の一種[1]

瀬戸物の寄せ集めのような妖怪が、瀬戸物の甲冑を身に着けたような姿で描かれている。実際に何らかの伝承を伴う妖怪ではなく、『三国志』の登場人物である曹操関羽の逸話をもとに、関羽をイメージした創作物として描かれたものといわれており[2]、瀬戸物と唐津物の2種の陶磁器の激しい勢力争いを描いたものとの説もある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 宮本幸江・熊谷あづさ 『日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社2007年、81頁。ISBN 978-4-056-04760-8
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、202-203頁。ISBN 978-4-620-31428-0

関連項目[編集]