瀬戸内クルージング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
瀬戸内クルージング
種類 個人事業主
本社所在地 日本の旗 日本
714-0086
岡山県笠岡市五番町5-16
設立 1898年(明治31年)
業種 海運業
事業内容 一般旅客定期航路運航
内航不定期航路運航
代表者 藤井一彦
従業員数 13名(2011年)
外部リンク http://s-cruise.jp/
テンプレートを表示

瀬戸内クルージング(せとうちクルージング)は、岡山県笠岡市に事務所を置く日本の旅客船を運航する海運事業者[1]

概要[編集]

1898年明治31年)創業。笠岡市本土と同市に属する離島・北木島を結ぶフェリー航路のほか、尾道と生口島(瀬戸田)を結ぶ瀬戸田航路、また鞆の浦福山市)の観光航路を運航している。

笠岡市では社名よりも、保有する船名「金風呂丸」で呼ばれることが多いとされる。

航路[編集]

離島航路(生活航路)[編集]

  • 笠岡-北木島 カーフェリー
1949年昭和24年)10月10日海上運送法による一般旅客定期航路事業の免許を受ける。
  • 尾道-瀬戸田 快速船(旅客、二輪車のみ)
2008年(平成20年)10月1日より瀬戸田運航に変わり運航。
尾道~弓削航路で使用されていた「ホワイトドルフィン」

廃止された航路

  • 尾道-弓削 快速船(旅客、二輪車のみ)
2001年平成13年)4月25日より運航。2011年(平成23年)5月1日、生名橋開通に伴い立石港〜弓削港間を廃止したが、同年9月25日には弓削港までの運航に戻した。しかし2012年平成24年)5月31日の運航をもって廃止となった。

観光航路[編集]

  • 尾道-鞆の浦
  • 尾道駅前桟橋 - 十四日元町桟橋 - 鞆の浦
2004年(平成16年)6月30日から運航。2011年は春季から秋季までの土曜日、日曜日、祝日のみの限定運航。

船舶[編集]

「ゴールドフェニックス」
(香川県 粟島港にて)
  • 第二十一金風呂丸
  • ゴールドフェニックス
  • ホワイトドルフィン
  • ニューみしま
  • ジュゴン
  • 新門司八号
  • 第三十五金風呂丸
  • GOLD II

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]