激しい季節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
激しい季節
Estate violenta
監督 ヴァレリオ・ズルリーニ
脚本 ヴァレリオ・ズルリーニ
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
ジョルジオ・プロスペリ
製作 シルヴィオ・クレメンテッリ
出演者 エレオノラ・ロッシ=ドラゴ
ジャン=ルイ・トランティニャン
ジャクリーヌ・ササール
音楽 マリオ・ナシンベーネ
撮影 ティノ・サントーニ
編集 マリオ・セランドレイ
配給 イタリアの旗 ティタヌス
日本の旗 イタリフィルム
公開 イタリアの旗 1959年11月13日
日本の旗 1960年4月1日
フランスの旗 1963年7月5日
上映時間 100分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

激しい季節』(はげしいきせつ、原題・イタリア語: Estate violenta)は、1959年に製作・公開されたイタリアフランスの合作映画である。

概要[編集]

第二次世界大戦中の北イタリアリミニを舞台としており、ヴァレリオ・ズルリーニが監督、エレオノラ・ロッシ=ドラゴジャン=ルイ・トランティニャンが主演した。

ストーリー[編集]

舞台は第2次世界大戦時でムッソリーニ政権下のアドリア海に面したイタリアの高級避暑地・リッチョーネ。この地に滞在する上流階級の娘ロザンナ(ジャクリーヌ・ササール)は、戦火を逃れて別荘へ来たファシスト高官の息子カルロ(ジャン=ルイ・トランティニャン)と恋に落ちた。ある日、この地の上空にナチスの軍用機が威嚇するように飛んできて、怖がった幼女が逃げ出して転んでしまうが、カルロはこの幼女を助けて上げる。そして、カルロはこの幼女の美しい母親である未亡人のロベルタ(エレオノラ・ロッシ=ドラゴ)と出会って、彼女に一目惚れをする。その後、カルロとロベルタは彼の別荘で逢い、甘美な曲に合わせて一緒に踊り、思わず強く抱擁した。それを見たロザンナは悲しみのあまり泣きながら立ち去ってしまう。ムッソリーニに代わってバドリオ政権が樹立された頃には、2人は逢瀬を重ねて激しい愛欲にまみれた日々を送っていた。だが、カルロの兵役延期は期限が切れていた。どうしても別れられないカルロとロベルタは悩んだ末に駆け落ちを決意するが...。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ヴァレリオ・ズルリーニ
  • 製作:シルヴィオ・クレメンテッリ
  • 脚本:ヴァレリオ・ズルリーニ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、ジョルジオ・プロスペリ
  • 音楽:マリオ・ナシンベーネ
  • 音楽指揮:フランコ・フェラーラ
  • 撮影:ティノ・サントーニ
  • 編集:マリオ・セランドレイ
  • プロダクションデザイン:マッシミリアーノ・カプリッチョーリ、ダリオ・チェッキ
  • 衣裳:ダリオ・チェッキ

映画賞受賞[編集]

外部リンク[編集]