澤田秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さわだ ひでお
澤田 秀雄
生誕 1951年2月4日(63歳)
日本の旗 日本 大阪府
職業 実業家
テンプレートを表示

澤田 秀雄(さわだ ひでお、1951年2月4日 - )は日本の実業家エイチ・エス証券株式会社代表取締役社長。株式会社エイチ・アイ・エス取締役会長。2003年3月よりモンゴルAG銀行(現・ハーン銀行)の取締役会長。2010年4月よりハウステンボス社長。

概要[編集]

大阪府出身。大阪市立生野工業高等学校を卒業後、1973-1976年まで、旧西ドイツマインツ大学に留学。留学中、アルバイトで稼いだ資金を元手に、ヨーロッパ中東アフリカ南米アジアなど50か国以上を旅行する。

帰国後、1980年に上京し新宿西口に旅行会社「株式会社インターナショナルツアーズ」を登録・設立(当初は毛皮の輸入販売を手がける予定であったが、ワシントン条約により頓挫し、業態変更した)。格安航空券販売を中心に、航空券とホテルを組み合わせた個人旅行、パッケージ旅行の販売を手がける。最初のヒット商品である「インド自由旅行」は、発売時には「インド説明会」という名称だった。消費者に旅のインフォメーションを提供することで、旅行好き仲間に口コミで徐々に広がっていった。

1990年、社名を株式会社エイチ・アイ・エスに変更。由来は「エイチ」は名前の『秀(雄)』を指し、「アイ・エス」は『インターナショナル・サービス』を略したものである(その為、中国語では「秀国際」と表記される)が、公式にはHighest International Standardsとされている。1993年新宿南口にオープンした「トラベルワンダーランド」は、ワンフロア1077平方メートルと国内最大規模の広さで話題となった。1995年、株式を店頭公開。1996年にはオーストラリアゴールドコーストに同社初の国際ホテル「THE WATERMARK HOTEL, GOLD COAST」をオープン。本格的にホテル業に進出すると同時に、35年ぶりの定期旅客輸送の新規参入航空会社となる「スカイマークエアラインズ株式会社」(現スカイマーク株式会社)を設立。1999年、協立証券(エイチ・アイ・エス協立証券に改称、現・エイチ・エス証券)の株式を取得し、代表取締役に就任。2007年、エイチ・エス証券株式会社は持株会社制へ移行し、澤田ホールディングス株式会社となる。

2010年4月より、18年連続赤字だったテーマパークハウステンボスの社長に就任し、半年で黒字に転換させた。

[1]2012年8月16日、九州圏内で活動する九州忍者保存協会が、知名度を高めて活動に弾みをつけようと、名誉頭目の大将軍職を設け、初代に澤田秀雄氏を選んだ。これを「九州観光を盛り上げるため快くお引き受けする」と述べ、就任を承諾した。

ハウステンボス内のホテルに居住し、住民票もハウステンボスの所在地(長崎県佐世保市)に置いている。

著書[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]