滝沢ななえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
滝沢 ななえ
Nanae Takizawa
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年9月22日(26歳)
出身地 東京都三鷹市
ラテン文字 Nanae Takizawa
身長 167cm
体重 56kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ナナ
ポジション L
指高 210cm
利き手
スパイク 282cm
テンプレートを表示

滝沢 ななえ(たきざわ ななえ、1987年9月22日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。東京都三鷹市出身。ニックネームはナナ

来歴[編集]

母の影響を受けて小学校2年生からバレーボールを始める。

八王子実践高校時代は同級生の服部安佑香和田麻里江とともに春高バレー等で活躍。リベロとしてプレーし、3年生では主将としてチームを率いた。

2006年、パイオニアレッドウィングスに入団。2007年、2007/08V・プレミアリーグ開幕戦でリーグ戦初出場。パイオニア時代は、吉田真未がリベロのレギュラーでプレーしていた事もあり、レシーバーとしての途中出場が多かった。

2009年6月にパイオニアを退団。7月にV・チャレンジリーグの上尾メディックスに移籍。リベロのレギュラーに定着し、チームも2009/10V・チャレンジリーグで準優勝を果たした。

しかし、2010年になると、前年に引退し社業専念となっていたリベロの関舞が現役復帰し、そのまま定位置を奪われてスタメンから遠ざかる。結局、2010/11V・チャレンジリーグでは一度もスタメン出場を果たせず、レシーバーとしての途中出場に留まった。以降もチャレンジリーグではスタメン出場を果たす機会があまりなかった。

2013年7月1日、上尾を退社することが発表された[1]

人物・エピソード[編集]

  • 上尾中央総合病院では、リハビリテーション技術科に所属していた[2]
  • 同時期にパイオニアに入団、上尾に移籍した同年代の南早希とは仲が良く、選手紹介の趣味に「さつきと遊ぶこと」と書いてあるくらいである[3]。二人は第36回春の高校バレー3回戦で対戦している。
  • 2008年11月(当時パイオニア在籍)にすぽると!『REAL VENUS』に出演。世間的にも知名度が上がる。
  • 三屋裕子は八王子実践のOGであり、滝沢の高校時代には春高コーチングキャラバンで担当コーチを務めていた[4]
  • パイオニア退団がチームから公式発表される前に、八王子実践で同級生だった服部安佑香とともに三屋の事務所に立ち寄った。その事が三屋のブログで書かれ、「滝沢ななえ(元パイオニア)」と表記されたため、チーム公式発表の前に退団が知れ渡った[5]
  • パイオニア退団が公式発表されてから1週間ほど後に、三屋のブログに「新たなスタートを切る」と書かれ、激励会をした事が書かれていた[6]。その後、正式に上尾メディックスへの移籍加入が発表された。
  • 健祥会レッドハーツに所属していた滝沢ひとみは実妹である。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
三鷹七小→八王子実践中八王子実践高等学校パイオニアレッドウィングス(2006-2009年)→上尾メディックス(2009-2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 2013.7.1 退団選手のお知らせ”. 上尾メディックス (2013年7月1日). 2013年7月1日閲覧。
  2. ^ 滝沢ななえ:AMG女子バレーボール部(2013年5月16日付アーカイブ)”. 上尾メディックス. 2013年10月11日閲覧。
  3. ^ 上尾メディックス公式サイトの2009/10シーズンのプロフィールに、そのように記述されていた。
  4. ^ 東京・八王子実践高校 選手紹介 - FNS春高バレーコーチングキャラバン2003”. フジテレビ. 2013年10月11日閲覧。
  5. ^ コンチハ!三屋です。 後輩?教え子?(2009年6月26日付のアーカイブ)” (2006年6月12日). 2013年10月11日閲覧。
  6. ^ コンチハ!三屋です。 激励会(2009年6月26日付のアーカイブ)” (2006年6月21日). 2013年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]