滝川氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
滝川氏
家紋
丸に竪木瓜
本姓 出自不詳
種別 武家
著名な人物 滝川一益
瀧川幸辰
支流、分家 瀧川家医家
凡例 / Category:日本の氏族

滝川氏(たきがわし)は、日本氏族。または瀧川ともいう。 出自は紀氏の後裔とする説と、伴氏の後裔とする説の2つがある(あるいは楠木氏甲賀氏の説もあるがはっきりはしない)。


概要[編集]

戦国時代滝川一益織田信長に仕え活躍するが、信長が本能寺の変で没した後は精彩を欠き没落した。

長男一忠の子、一積は親類の米子藩中村一忠に仕えた後、本家とは別家の1000石の旗本となった。

次男の一時は家督を継ぎ、1万4千石の大名となったが慶長8年(1603年)に早世し、嫡男・一乗は幼年であった為、1万2千石を没収され2千石の旗本となったが、滝川本家として存続した。

三男の辰政織田信包小早川秀秋などに仕えたのち、姫路藩池田家に仕官し、代々同家に仕えた。滝川事件を起こした京都大学総長・瀧川幸辰は辰政の子孫である。

四男の知ト斎鳥取池田家へ御預けとなり、この知ト斎の三男十左衛門一路が家督を継いで池田光仲に召抱えられた。その四男権左衛門は浪人となったが医術を学んで帰り、1638年兄一路の家より分家独立し、ト玄斎一賀と称して鳥取で医業をした。このト玄斎一賀が鳥取の医家滝川家の初代となる。

滝川益重(益氏とも)の次子、慶次郎利益前田利久の養子となり、前田氏に仕えた。後に出奔し上杉景勝へ再仕官しているが、利益の子の正虎は加賀にとどまり、前田利常に仕えている。

また、別系統の滝川氏は伊勢国にいた武家貴族出身の木造氏北畠氏)流もある。一益の娘婿の滝川雄利が該当する。雄利は徳川家康に仕え常陸国片野藩の藩祖となった。

この系譜からは幕末に大目付になり、鳥羽・伏見の戦いの戦端を開いた滝川具挙戊辰戦争を通して活躍した滝川具綏がいる。

また尾張藩士に滝川氏がいる。元は木全氏であったが、尾張浅井氏に仕え、浅井新八郎の家臣であった木全忠澄とその子忠征が滝川一益に仕え、忠征が滝川の名乗りを許した。のち豊臣秀吉、徳川家康に仕えた。また後に徳川義直に属して6000石を領した。

系図[編集]

凡例:実線は実子、破線は養子。

(略)
 
 
 
高安貞勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高安範勝 滝川一勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
池田恒利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
池田恒興
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一忠 一時 辰政 知ト斎 津田秀政 雄利 忠征 益重(又は従兄弟) 益氏(又は従兄弟) (以下略)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一積 一乗 宗次 一路 一賀 正利 法直 (以下略) 前田利益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一明 一俊 一宗 (以下略) 医家瀧川家 利貞 直政
 
 
 
前田正虎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一重 一好
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
利錦 征盛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(以下略) (以下略) (途中略)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(途中略) 善成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(以下略)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
具挙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸辰
 
 
 
 
 
 
具綏

リンク[編集]