滋賀縣護國神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
滋賀縣護國神社
Shigaken-gokoku-jinja02b3200.jpg
所在地 滋賀県彦根市尾末町1-59
位置 北緯35度16分30秒
東経136度15分23秒
主祭神 護国の英霊
社格 内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 明治9年(1876年)
例祭 4月5日
10月5日
テンプレートを表示
拝殿

滋賀縣護國神社(しがけんごこくじんじゃ)は、滋賀県彦根市彦根城址にある神社護国神社)である。

戊辰戦争から第二次世界大戦までの滋賀県関係の戦歿者3万4千余柱を祀る。

歴史[編集]

明治2年(1869年)、彦根の大洞竜潭寺に戊辰戦争で戦死した彦根藩士26人の霊を祀る招魂碑が建てられた。明治8年(1875年)、元彦根藩井伊直憲の主唱により招魂碑を神社に改造する旨の政府の通達が出され、招魂碑を現在地に移し、翌明治9年、同地に社殿を造営・鎮座した。

昭和14年に内務大臣指定護国神社として「滋賀県護國神社」に改称した。第二次大戦後の占領期は「沙々那美神社」と改称していたが、日本が主権を回復した昭和28年に元の社名に復した。

外部リンク[編集]