溝脇隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
溝脇 隼人
中日ドラゴンズ #48
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県玉名郡岱明町(現:玉名市
生年月日 1994年5月17日(20歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2012年 ドラフト5位
初出場 2014年8月26日
年俸 520万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

溝脇 隼人(みぞわき はやと、1994年5月17日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

玉名市立岱明中学校時代は、軟式野球部に所属。

九州学院高では、1年時から遊撃手のレギュラーに定着。1年時夏の第92回全国高等学校野球選手権大会では、2番・遊撃手として全試合でスタメン起用された。3回戦の前に肺炎にかかるも、点滴を受けて強行出場する[1]。ベスト8で一二三慎太擁する東海大相模高に3-10で敗れた。

2年時春の第83回選抜高等学校野球大会では、1番・遊撃手として起用された。1回戦の國學院久我山高戦では、9回2死から三塁打を放ち、続く打者への暴投の間に本塁へ突入しサヨナラ勝ちを収めた[2]。2回戦の履正社高戦の前に胃腸炎となり点滴を受けて出場するもチームは2-8で敗退し、自身が最後の打者となってしまった[1]。夏は、熊本県予選準決勝で熊本工業高に0-3で敗れた。

3年時春の第84回選抜高等学校野球大会では、1番・遊撃手として起用された。2回戦で同大会の優勝校で藤浪晋太郎擁する大阪桐蔭高に3-5で敗れた。夏は、熊本県予選準決勝で優勝校の済々黌高に0-1で敗れた。

2012年10月25日プロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズから5位指名を受けた[3]

2014年8月26日の横浜DeNA戦でプロ入り初スタメン「8番 ショート」として出場し、3打席目で久保康友からプロ初安打を打つ。

プレースタイル・人物[編集]

50m走6秒0の俊足と、球際に強い守備が武器[4]

打撃では、ミート力の高さが持ち味[4]

憧れの選手は、同じ熊本県出身の荒木雅博[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 中日 2 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
通算:1年 2 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
  • 2014年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

年度 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2014 2 0 5 0 0 1.000
通算 2 0 5 0 0 1.000
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 48 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b 3度目夢舞台、優勝狙う 溝脇隼人(熊本・九州学院 新3年)”. asahi.com (2012年3月23日). 2013年3月15日閲覧。
  2. ^ 9回2死から!九州学院・溝脇 執念三塁打”. スポニチ Sponichi ANnex (2011年3月27日). 2013年3月15日閲覧。
  3. ^ ドラフト会議速報 Vol.5”. 中日ドラゴンズ (2012年10月25日). 2013年3月15日閲覧。
  4. ^ a b c 【野球】九学の溝脇、中日と合意”. くまにちコム (2012年11月16日). 2013年3月15日閲覧。

関連項目[編集]