溝の中の月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
溝の中の月
La lune dans le caniveau
監督 ジャン=ジャック・ベネックス
脚本 ジャン=ジャック・べネックス
オリヴィエ・メルゴー
原作 デイビッド・グーディス
製作 リズ・ファヨール
ユベール・ニオグレ
エマニュエル・シュランベルジェ
出演者 ジェラール・ドパルデュー
ナスターシャ・キンスキー
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 モニーク・プリム
イヴ・デシャン
配給 シネセゾン
公開 フランスの旗 1983年5月18日
日本の旗 1987年6月13日
上映時間 130分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

溝の中の月』(: La lune dans le caniveau : The Moon in the Gutter)は、1983年フランス映画

概要[編集]

1981年に長編第1作目の『ディーバ』でセザール賞新人作品賞など4部門を受賞し鮮烈なデビューを飾ったジャン=ジャック・ベネックスデイビッド・グーディスの小説を原作に、前作で高く評価された色彩表現をさらに徹底させ、耽美的な映像世界を作り上げた。その抽象的とも言える映像表現は興業面での成功に結びつかなかったが[1]、一部の批評家は本作の芸術性を高く評価している[2]

原作の舞台はフィラデルフィアであるが、べネックスはそれをマルセイユの港町に移した。主演のジェラール・ドパルデューは自殺した妹を強姦した犯人を捜す貧しい青年ジェラール・デルマスを、ナスターシャ・キンスキーは赤いスポーツカーに乗る裕福な美女ロレッタ・チャニングを演じる。タイトルの「溝の中の月」とは、ジェラールが住むスラム街のような裏町を訪れるロレッタを表していると思われる。ジェラールが住む家の前には、まるで溝の中にいるような自分の現状から抜け出したい彼の心情を象徴するような「TRY ANOTHER WORLD」と書かれた看板が飾られている。このように本作は、貧しい青年を主人公に据えて、徹底された色彩表現で描かれた美しさと醜さを対比させて描いている。

本作は1983年第36回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映されたが無冠に終わった[3] 。翌1984年の第9回セザール賞(英語版)では3部門にノミネートされ、美術賞をヒルトン・マッコニコが受賞した[4]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.jpbox-office.com/fichfilm.php?id=6888
  2. ^ The Moon in the Gutter”. AllMovie. 2010年3月23日閲覧。
  3. ^ Festival de Cannes: Moon in the Gutter”. festival-cannes.com. 2009年6月15日閲覧。
  4. ^ Awards for La lune dans le caniveau”. IMDB. 2014年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]