湯沢幸吉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

湯沢 幸吉郎(ゆざわ こうきちろう、1887年明治20年)5月2日 - 1963年昭和38年)4月9日)は、日本国語学者

略歴・人物[編集]

1887年(明治20年)、秋田県広山田村(現秋田市広面)に農家の三男として生まれる[1][2]

秋田県立秋田中学校を経て1905年(明治38年)東京高等師範学校国語国文学科に入学、卒業後は富山県立薬学専門学校東京府立第四高等女学校の教員となる[2]が、府立第四高女に勤めながら東京帝国大学国文学選科に進み、これを修了[3]1915年(大正4年)文部省嘱託となる[1]

東京帝大助教授の橋本進吉(1929年には教授に昇任)の助言を受けつつ抄物の語法を体系的に整理し[1]、時間をかけて地味な研究を重ね[2]、1929年(昭和4年)12月、初の室町言語文法書となる『室町時代言語の研究』を発表した[1]1933年(昭和8年)東洋大学教授に就任[1]。以後、文部省図書監修官(1942年(昭和17年)就任)、早稲田大学教授(1949年(昭和24年)就任)、上智大学教授(1959年(昭和34年)就任)を歴任した[1]1956年(昭和31年)年には研究題目「近代国語の研究」で学士院賞を受賞している[1][4]

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 『室町時代言語の研究―抄物の語法』大岡山書店、1929年[1]
  • 『解説日本文法』大岡山書店、1931年[1]
  • 『徳川時代言語の研究』刀江書院、1936年[1]
  • 『國語學論考』八雲書林、1940年[1]
  • 『國語史概説』八木書店、1943年[1]
  • 『現代口語の実相』習文社、1951年[1]
  • 『口語法精説』明治書院、1953年[1]
  • 『江戸言葉の研究』明治書院、1954年[1]
  • 『廓言葉の研究』明治書院、1964年[1]

論文[編集]

  • 「天草本平家物語の語法」(1928年)[1]
  • 「近松物に見える東國方言に就いて」(1932年)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 井上隆明監修、塩谷順耳ほか編 『秋田人名大事典』 秋田魁新報社、2000年、第2版、p.562。ISBN 4-87020-206-9
  2. ^ a b c 秋高百年史編纂委員会 『秋高百年史』 秋田県立秋田高等学校同窓会、1973年、pp.128-129。
  3. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  4. ^ 日本学士院 恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧