湯ノ岱駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
湯ノ岱駅
駅舎(2013年5月2日)
駅舎(2013年5月2日)
ゆのたい - Yunotai
神明 (2.8km)
(7.1km) 宮越
所在地 北海道檜山郡上ノ国町字湯ノ岱
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 江差線
キロ程 59.2km(五稜郭起点)
電報略号 ユノ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1935年昭和10年)12月10日
廃止年月日 2014年平成26年)5月12日
備考 路線廃止に伴う廃駅

湯ノ岱駅(ゆのたいえき)は、かつて北海道檜山郡上ノ国町字湯ノ岱にあった、北海道旅客鉄道(JR北海道)江差線電報略号ユノ

歴史[編集]

湯ノ岱駅舎(構内から)
(2011年8月27日)
1976年の湯ノ岱駅と周囲約500m範囲。左が江差方面。島式ホーム1面2線のほか駅舎横木古内側の貨物ホームへ引込線、駅裏側に2本の留置線を有している。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線をもつ地上駅。列車同士の行き違いが可能であり、留置線もあった。行き違いは朝の2回のみであった。スプリングポイントのため、ポイント切り替え作業はなかった。夜間滞泊等による留置等で江差方面へ折り返す運用がある場合は駅員による手動での切り替え作業は存在していた。木古内駅から来た列車は当駅が最後の交換駅となっていた。当駅から終着の江差駅までは1閉塞となっていた。

江差駅管理の社員配置駅であった。運転取扱業務のため終日駅員が配置されていた。元々は管理駅であったが、組織再編により江差駅の管理下となった。そのため駅長の配置はなくなり、同駅助役湯ノ岱在勤が配置され、湯ノ岱駅長を兼務していた。駅員は計3名配置(廃駅時)。

冬期間は除雪のため江差駅での留置ができないため、当駅 - 江差間の気動車回送が行われていた。そのため乗務員宿泊所を備えていた。

駅舎には待合室と出札窓口があったが、みどりの窓口マルスPOS端末がなかったので、乗車券回数券自由席特急券(いずれもJR北海道完結)とも補充券での発行となっていた。但し、桂岡・上ノ国・江差・木古内・函館の各駅までは常備券が存在していた。本州方面への長距離乗車券・指定券は以前は補充券にて発行していた。

のりば[編集]

1 江差線 木古内函館方面
2 江差線 上ノ国江差方面

駅周辺[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
江差線
神明駅 - 湯ノ岱駅 - 宮越駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]