湖水詩人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

湖水詩人(こすいしじん、または湖畔詩人Lake Poets)とは、19世紀イングランド湖水地方に住んでいた詩人たち全員のこと。グループとして、思潮・文学的実践の1つの「派」になったわけではないものの、彼らの作品は「エディンバラ・レヴュー(Edinburgh Review)」誌によってひとまとめにされ批判された。ロマン主義運動の一部と見なされている。

湖水詩人を代表する詩人は、ウィリアム・ワーズワースサミュエル・テイラー・コールリッジロバート・サウジーの3人で、ワーズワースの妹ドロシー・ワーズワース(Dorothy Wordsworth)、チャールズ・ロイド(Charles Lloyd)、コールリッジの子ハートリー・コールリッジ(Hartley Coleridge)、ジョン・ウィルソン(John Wilson)、それにトマス・ド・クインシーといった詩人・著作家たちも関連づけられる。

References[編集]