桂三度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渡辺鐘から転送)
移動: 案内検索
桂 三度<世界のナベアツ>
渡辺 鐘
Musubi-kashiwa.svg
結三柏は、桂文枝一門の定紋である。
本名 渡邊 鐘
ニックネーム ナベアツ、あつむ
生年月日 1969年8月27日(45歳)
出身地 日本の旗 日本 滋賀県高島郡安曇川町(現・高島市
血液型 B型
身長 174cm
方言 大阪弁
最終学歴 京都産業大学経営学部中退
師匠 桂文枝 (6代目)(落語家として)
出身 吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校10期
コンビ名 ジャリズム(解散済み)
相方 山下しげのり(元相方)
芸風 漫才(ボケ)
コント漫談パフォーマンス
上方落語
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1992年 -
同期 ココリコ
劇団ひとり
メッセンジャー など
現在の代表番組 なべあちっ!
Y.A.P.P.Y.
他の活動 放送作家落語家
配偶者 既婚
公式サイト 公式ブログ
受賞歴
2008年 R-1ぐらんぷり3位
2008年 GQ Men of the Year

桂 三度(かつら さんど、1969年8月27日 - )は、日本お笑いタレント落語家である。かつては世界のナベアツ(せかいのナベアツ)名義でも活動していた。別名、渡辺 鐘(わたなべ あつむ)。本名の表記は渡邊 鐘(わたなべ あつむ)。かつては、漫才コンビ『ジャリズム』のボケを務めたほか、テレビ・ラジオ番組の放送作家としても活動していた。

滋賀県高島郡安曇川町(現・高島市)出身[1]吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本部所属。上方落語協会会員。吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校10期生。身長174cm、血液型はB型。愛称ナベアツ。既婚。

来歴[編集]

  • 1991年11月 - 山下しげのりと漫才コンビ『ジャリズム』を結成。
  • 1998年 - ジャリズムを一度解散し放送作家としての活動を始める。
  • 2003年10月 - 千原兄弟のコントライブ『プロペラを止めた、僕の声を聞くために。』に出演。
  • 2004年2月 - ルミネtheよしもとにて「元ジャリズム祭り」を開催し再結成を宣言。『登龍門F』(フジテレビジョンで2004年5月4日放送)を皮切りにコンビ、ピン芸人としてもさまざまなテレビ番組に出演するようになる。
  • 2007年12月17日放送の『爆笑レッドカーペット』にて第5回レッドカーペット賞を受賞。
  • 2008年 - R-1ぐらんぷり決勝大会に進出。決勝3位となり、一気にブレイク。反対に山下は1回戦敗退だった。
  • 2009年2月11日 - 竹馬アイドルユニット・紫SHIKIBUとしてCDデビュー。
  • 2011年2月 - 落語の修業に取り組むため、再びジャリズムを解散すると報じられる[2]
  • 2011年3月2日 - 桂三枝(現・六代桂文枝)に弟子入りする[3]。5月24日に発表された高座名は「桂三度」となった[4]
  • 2012年1月3日 - 東京都港区の品川プリンスホテルにて開催された『新春! しながわ寄席』で落語家:桂三度として初高座に上がった[5][6]。その一方で、落語家としての活動に専念するために、放送作家としての活動を同年末で休止している[7]
  • 2013年 - 5年振りに出場したR-1グランプリで、「桂三度」名義では初めて、自身では2度目、落語家では大会史上10年振り・3人目[8]の決勝進出。しかし、師匠の六代桂文枝が審査員に名を連ねていた決勝では、Bブロックの3位に終わった。

人物[編集]

  • ピン芸人(世界のナベアツ)と落語家(桂三度)の顔を合わせ持つマルチタレント。放送作家として携わった番組では本名の「渡辺鐘」をそのまま使うなど、キャリアに応じて名義を使い分けている。
  • ますだおかだ増田英彦とは同じ守口市立梶中学校の同級生だが、同級生曰く、増田と比べて影が薄かったという[9]。中学3年で引っ越しする。芸歴は増田の方が1年後輩であるが、同級生であるため、プライベートでも仕事場でも「あつむ」と呼ばれている。中川家も同じ中学校で、渡辺の弟は中川礼二と同級生。
  • もともとジャリズム結成前から夢中になっていた『スクール☆ウォーズ』(TBS)や『東京湾ブルース』(テレビ朝日)などのテレビドラマなどを、コントのネタにして書きためていた。放送作家時代には、コントを披露するバラエティ番組に携わる機会が多かったことから、「コント作家」とも呼ばれていた。
  • 第1次ジャリズム時代は「声がデカい」ということで有名であったが、放送作家専業時代のラジオでは出演者に配慮してボソボソとしゃべることも多かった。兼業である現在は比較的自由に話していることが多く、長く関わっている『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』では第3の出演者といえるほどである。
  • コントでは声色を使い分けて多彩なキャラクターを演じている。素は芯のある声質で、それを活かしたネタも多い。例えばジャリズムの代表的なコント「葬式DJ」は、渡辺がリアリティ溢れるDJを違和感なく演じることで成立している。
  • 素の性格はキレやすく、また柔道が強い。芸風を軽視したチンピラが街で絡んでくることがあるが、即座に投げ飛ばしてしまう[10]。『リングの魂』の芸能界柔道王決定戦で、当時最強を誇っていた有吉弘行を見事に打ち破ったことがある。
  • 上方落語に傾倒している。2011年3月2日、桂三枝(現・六代桂文枝)に18番目(廃業した弟子を含めると22番目)の弟子として入門し、同年秋から本格的に落語家として修業を始めることになった。本人によれば、落語家への転身という夢を10年間持ち続け、初監督映画『さらば愛しの大統領』公開後に桂三枝への弟子入りを決意したという[11]
  • 落語家としての高座名「桂三度」は姓の渡辺の「渡」を三と度にバラしたもの[12]。他の候補「桂三」は「ちょっと落語家らしくない」、ナベアツとしてのネタ「3の倍数と3が付く数字のときだけアホになります」から「桂三乗」を考えたが桂二乗が既に存在している、「桂三〇九(サンマルク)」という案もあったが「サンマルクという顔ではない」としていずれも名付けた三枝が没にした[12]

世界のナベアツ[編集]

ジャリズム再結成後はシルバースーツにチョビという出で立ちで登場するようになり、ネタ中に事あるごとに「世界のナベアツ」と自称するようになる。さらに「M-1グランプリ制覇という目標が達成できないなら、R-1ぐらんぷりを制覇してやろうと思い」(本人談[13])、この「世界のナベアツ」のキャラクターで2007年後半からネタ番組(「あらびき団[14]、「爆笑レッドカーペット」など)に出演するようになる。

なお、落語家転身後は髭を剃っているが、ギャグは封印していない。

主な持ちネタ&ギャグ[編集]

  • 3倍数と3が付く数字のときだけアホになります
    • 最も代表的なネタ。Fizz Buzzと呼ばれる昔からある言葉遊びと同様の規則性で、1から順に数を数えながら3の倍数と3の付く数字では「さぁーん!」と奇声を発し、同時に「アホになる」顔芸をするもので、アホな顔の作り方は「自分の耳に噛み付くイメージ」をしているとの事。他にも以下のようなバリエーションがある。
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、5の倍数だけ犬っぽくなります
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、8の倍数だけ人探しをしてる感じになります
      • 3の倍数と3が付く数字だけ憤りを感じます
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、8の倍数だけ気持ちよくなります
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、8の倍数だけ媚びへつらいます
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、5の倍数だけナルシストになります
      • 生身のナベアツがまず3の倍数と3が付く数字だけアホになり、モニターに映ったナベアツがそれ以外の数字でアホになります(擬似的なコンビ芸)
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、8の倍数だけ青春します
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、9の倍数で正気に戻ります
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、8の倍数のときに寝起きドッキリになります
      • 3の倍数と3が付く数字だけアホになり、8の倍数のときにクイズ番組に出てる感じになります など
    • このネタが誕生したきっかけは、とある駅ビルの床のマスを1個1個数えながら歩いていたらそのマス目が3つおきにアホみたいな明るいどどめ色で、アホな色の時だけアホな声で数えてみたらネタに使えると採用され完成した。アホの声は初期は甲高い声だったが、後に子供みたいな声になった。
    • 通常は40で終わるが、40以降も続く場合は「3の倍数と3が付く数字のときだけアホになり(**の倍数で**になって)xxまでいきます(例:3の倍数と3が付く数字だけアホになり、5の倍数だけ犬っぽくなって1000までいきます)」という。最高は2000まで数えたこともある(これに関しては後述の「エピソード」を参照)。
    • 2008年2月5日に関西テレビで放送された『オッチモ!』の「お笑い化学反応バラエティ ザ・ケミストリー」で、このネタが外国人に笑ってもらえるのか試す企画を行い、英語フランス語スペイン語の3か国語で披露した。
    • 「桂三度」に改名後の2012年11月から担当している『パテナの神様!』(MBSテレビ)のナレーションでも、"3"が入った数字を紹介するたびに、「世界のナベアツ」時代の口調でその数字を強調している。
  • QUEENフレディ・マーキュリーものまねでものまねパブのオーディションを受ける男[15]
  • T-BOLANを知らない子供達(ジローズの「戦争を知らない子供たち」の替え歌
  • 声カッター
    • 犬の鳴き声のように甲高い声を出して風船を割ろうとするもの。最終的に鏡の反射を利用して割ろうとするが、当然成功しない。
  • ultra soulに助けてもらう
  • 正しく読まナイト
  • 九九を熱演
  • 泣いてるか笑ってるかクイズ など
  • OMORO!(オモロー)
    • 「面白い」と言う意味の「OMORO!」を、ネタの最初(「これから面白いこと、すなわちOMORO!なことをします」といって芸を始める)と最後に、決め台詞として発言する。元々このセリフは相方の山下しげのりが最初に生み出したものである(山下しげのりを参照)。他のネタでウケが悪かったときに「ウケなかったけど、OMORO!」と無理やり締めることもある。
  • ギャグ「ブッカーケ」
    • 考案は山下の母親。

エピソード[編集]

  • 「世界のナベアツ」は渡辺貞夫の愛称「世界のナベサダ」に由来する。NSC同期のメッセンジャーあいはらにお酒の席より名付けられた[16]。元々は「滑らそうと思って名づけた」とのこと。渡辺とあいはらは学生時代もNSCも同級生であり、芸人としても同期。
  • 「3の倍数」ネタは、元々、ピンネタで試行錯誤していた時に千原ジュニア宮川大輔から「アホになるネタが面白い」とアドバイスされた事がきっかけである。
    • なお、デビュー時から3の倍数のネタ初披露の時までの詳細が2009年5月5日放送の『リンカーン』内の企画「芸人 その時歴史が動いた」(三村マサカズが渡辺役を演じた)でドラマ化されている。
  • スーツは、大物感を出すために自費で12万円かけてオーダーしたもの。ただし、月に1回金曜日のパートナーとして出演している『上泉雄一のええなぁ!』(MBSラジオ)では、「世界のナベアツ」時代からスタジオ・公開生放送ともに普段着で登場している。
  • 携帯電話ゲーム桃太郎電鉄TOKYO』に登場するキャラクター「スリの銀次」の変装の一つとして、渡辺をモデルにした「世界のモモアツ」が登場する(全額没収される場合に登場)。
  • アニメ『ヤッターマン』第25話「ヤッターアンコウ登場だコロン!」に本人役で出演、主役の1・2号に続く「ヤッターマン3号」に変身した。これを受け、後に登場した新ヤッターマンは(ナベアツが3号だからと説明された上で)「4号」を名乗っている。
  • 雑誌『週刊少年マガジン』(講談社)の誌上企画が縁で、漫画『金田一少年の事件簿』の「魔犬の森の殺人」に渡辺をモデルにしたキャラ「渡辺鐘」が登場している(顔も似せて描かれている)。
  • 結婚記念日は2003年3月3日。もちろん当時はまだ「3の倍数」のネタは存在していないが、かねてより3という数字に縁があった。
  • 愛妻家としても有名。その反面、渡辺の妻の突飛な行動がテレビ番組で度々披露されている。例として、ある日突然妻が丸坊主になっており、びっくりした渡辺が理由を聞くと1回目は「毛根を一度リセットしたかった」、2回目は「生え始めた白髪を改善したかった」とのこと。また数年前にカーテンを作ろうとしたが、8割方出来た所でやめたという逸話がある。さらにはバッファロー吾郎竹若元博の妻と渡辺の妻が友達ということで、竹若の結婚式でのお祝いVTRのために、妻がレオタード姿で国会議事堂の前でパフォーマンスする姿を撮影した(撮影者は渡辺)。しかもその中で妻がフリップで紹介した竹若の妻とのエピソードが殆ど嘘であった。
  • 趣味はバイクパソコン、音楽鑑賞。バイク歴は10代から大小さまざまな排気量のモデルを乗り継いでおり、2007年に出版された写真集でもお気に入りはドゥカティのモンスターマシンで疾走しながらアホ顔のショット[17]。また意外と知られていないがWGP (motoGP) のファンでもある。
  • 2008年4月24日にはMBSテレビ関西ローカル情報番組『ちちんぷいぷい』が放送2,000回を迎えたことを記念したお祝いのメッセージとして同番組にVTR出演し、「3の倍数と3の付く数字だけアホになり、5の倍数だけ犬っぽくなります」 で2,000まで数えた。ダイジェストでの放送だったものの300番台と1,300番台はそれぞれ100連発のアホ+5の倍数をこなし、角淳一に「元のテープ(マスターテープ)が欲しい」と絶賛され、次の放送3,000回記念でも是非やって欲しいと要望された。
  • 任天堂マリオカートシリーズが得意で、特に『マリオカートDS』は本人曰く吉本興業で一番上手いとのこと。2008年5月3日放送の『やりすぎコージー』では千原せいじと対決し、見事勝利した。また、みんなのニンテンドーチャンネル内では同ゲームのプロデューサーと対決しているムービーが公開された。
  • 渡辺発案の、光GENJIに対抗し竹馬に乗ったアイドルユニット紫SHIKIBUが、2008年9月18日にフジ最強コント夢競演みんなでコント会議にてオーディション名目で結成、2009年2月11日にCDシングル「LOVEなんだよ」でR and Cから歌手デビュー。渡辺自身も『竹馬アイドル』姿を2008年の筑波大学学園祭で披露。
  • 相方の山下を心配しており、構成作家としての企画会議でキャストとして山下の名を挙げることがあるが、却下されると寂しそうな顔になることがある。また前述の紫SHIKIBUのメンバーにいち早く山下を入れようとするが、山下が竹馬にどうしても乗れないため、メンバーになれなかった。その後、山下が竹馬を猛練習し上達したため、セカンドシングルから加入する。
  • 2008年12月16日放送分『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』で、喘息持ちであるにも拘らず喫煙していることを医師に注意され、禁煙を宣言していたが、2009年10月27日放送分でのガン発症の可能性チェックでは喫煙にチェックを入れている。
  • 腰痛持ち。2009年1月21日放送分『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』のオープニングにおいて、放送当日ぎっくり腰になったことが判明。浴室でシャンプーを取って屈んだ拍子にぎっくり腰になり、10分間四つん這いになる。渡辺曰く「シャンプーに土下座していた」とのこと。その後、風呂場の蛇口から出したお湯で泡を落とした。
    • テレビ番組で披露する機会は少なくなったが、営業などで3の倍数のネタをやる際にオーバーアクションをとる30台が腰痛に響くため、手を動かして誤魔化す形でやっている。
    • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』でのドランクドラゴン鈴木拓の持ち込み企画『腰痛い芸人』では出演及び腰を使わない競技「ソフト相撲」の企画構想を行った。しかし「ソフト相撲」はぐだぐだな結果となり、その前まで番組開始以来最高かと思われたほど順調に伸びていた視聴率が雨上がり曰く「普通だったらあり得ないぐらい」「天変地異ばり」に落ちたので、その企画ごと『第3回アメトーーク大賞』の反省大賞を受賞した。しかし、これに出演した土田晃之は「だってウケようと思ってやってなかったですもん!」と語っている。
  • 極度の怖がりで、脅しが怖く、「ヘイポーさんの気持ちが分かるんです。」と言っている。
  • 実の弟、渡辺仁は関西を中心に構成作家として活動している。「風貌や仕草はそっくり」と『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』にて蛍原徹が発言している。
  • 2010年11月2日放送分『なべあちっ!』は、メインMCのナベアツが寝坊したため収録開始に間に合わず、渡辺和洋(フジテレビアナウンサー)が代役を務めた。さらに、この日の最初のコーナーは自身の初監督映画、『さらば愛しの大統領』のプロモーションで釈由美子をゲストを迎えていたが、自分でプロモーションすることはできなかった。
  • ジャリズム二度目の解散後、すぐさま千原ジュニアに「ジャリズム解さぁーん!」とネタにされた。また、「ナベアツ」が定着したのになぜ芸名を「桂鍋熱(かつら なべあつ)」にしなかったのかとも述べている。
  • ジャリズム二度目の解散後、マンスリーよしもとPLUSで監督した映画に掛けて「さらば愛しの山下君」と題して山下への思いを語っている。それによると決して仲違いして解散したわけではなく、不仲になったわけではないと述べている。

出演[編集]

お笑いコンビ「ジャリズム」としての出演はジャリズム#出演番組参照

バラエティ[編集]

以下の番組では、出演期間中に名義を「世界のナベアツ」から「桂三度」に変更。

以下の番組には、名義を「桂三度」に変更した後にレギュラーで出演。

CM[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

日本語吹き替え[編集]

お笑いライブ等[編集]

写真集[編集]

  • 世界のナベアツ写真集『3の倍数と3がつくページだけアホになります』 (2008年6月13日、ワニブックス

PV[編集]

放送作家として関わっていた番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画監督としての作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 少年期を大阪府守口市で過ごす。
  2. ^ 世界のナベアツ、芸名も捨て落語家転身! - サンケイスポーツ 2011年2月28日
  3. ^ 世界のナベアツさん、落語家転身 桂三枝さんに弟子入り”. 朝日新聞 (2011年3月2日). 2011年3月2日閲覧。
  4. ^ 落語家転身 世界のナベアツ、高座名は「桂三度」に決定 - オリコンキャリア 2011年5月24日
  5. ^ 「世界のナベアツ」改め桂三度が高座デビュー スポーツ報知 2012年1月3日閲覧
  6. ^ 高座デビューを果たした桂三度に、三枝「見事だったと思います」 よしもとニュースセンター 2012年1月3日閲覧
  7. ^ 2013年3月1日に『上泉雄一のええなぁ!』へ出演した際に初めて公表。
  8. ^ 自身と同じく、ピン芸人から落語家に転身した三遊亭こうもり(旧名・末高斗夢)も同時に決勝大会へ進出。それ以前の決勝進出者は、第1回大会(2002年)の笑福亭三喬のみである。
  9. ^ 2008年7月17日「全国一斉!日本人テスト
  10. ^ 2010年10月25日放送分『しゃべくり007
  11. ^ 世界のナベアツ 落語家転身!師匠は“三”枝”. スポーツニッポン (2011年3月3日). 2011年3月8日閲覧。
  12. ^ a b お笑いナタリー-師匠・三枝が命名、世界のナベアツ高座名が桂三度に決定
  13. ^ SMAP×SMAP』ゲスト出演時の渡辺のコメント。ジャリズムは2006年で「結成10年以内」というM-1の参加資格を失った。
  14. ^ 「あらびき団」初出演の時はまだ『ジャリズム渡辺鐘』名義で、2回目の出演から『世界のナベアツ』となった。
  15. ^ 私生活では、QUEENばかり聞いている(〜ジョーデキ!POP COMPANY〜POP屋芸人マンションより)
  16. ^ なるトモ!』にてあいはらが発言し、渡辺本人も各テレビ番組でこれを公言している
  17. ^ http://journal.mycom.co.jp/news/2008/06/22/001/index.html
  18. ^ フジテレビ
      • トップページ→バラエティ→なべあちっ!
      • トップページ→DVD・ビデオ→なべあちっ!

外部リンク[編集]