渡名喜元完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

渡名喜元完(となき げんがん、1884年(明治17年)10月30日 - 1997年(平成9年)1月24日)は、男性長寿日本一だった沖縄県の男性。石崎伝蔵に追い抜かれるまで、男性日本歴代最高齢の人物であった。

生涯[編集]

沖縄県佐敷町(現南城市)出身[1]。21歳の時アメリカハワイ州に移り、製糖工場に勤務[1]。1917年に帰郷し、89歳まで農業を務めた。97歳まで台風後の屋根の修理をしていたという。「グヮングヮンタンメー」という愛称で親しまれた[2]。2男4女がいたが、いずれも先立たれた。晩年は亡くなった次男の妻と同居していた。

1995年10月7日鶴英寿の記録を上回り、男性として日本歴代最高齢の人物となった。しかし、当時は泉重千代の記録が認められていたため、男性日本歴代2位とされていた。

1997年1月24日老衰のため死去[1]。112歳86日。日本人男性として、初めて111歳、次いで112歳の誕生日を迎えた人物でもあった。

脚注[編集]

先代:
岡儀平
男性長寿日本一
1991年9月28日-1997年1月24日
次代:
石崎伝蔵