減三和音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

減三和音(げんさんわおん)とは、和音の一種である。

概要[編集]

各言語での呼称[編集]

  • 英語: diminished triad (ディミニッシュト・トライアド)

構成音[編集]

  • 根音
  • 短三度(m3)
  • 減五度(dim5)

以上の3音から構成される三和音である。根音から短3度を2回重ねたコード、もしくは短三和音の5番目の音を半音さげて、減五度となったため、不協和音となる。

和音記号[編集]

根音をCとする。

Cm♭5 Cdim(triad) Cdim Co Co

主な用法[編集]

多くの場合、減七の和音やドミナント7thに取って代わられる。

ダイアトニック・コードとして[編集]

短調の II 度の和音(機能はサブドミナント・マイナー、あるいは単にサブドミナント)として
イ短調:
Am→Bdim→E7→Am
Im→IIdim→V7→Im
T→Sm→D→T
長調、和声的短音階、旋律的短音階の VII 度の和音(機能はドミナント)として
ハ長調:
C→Bdim→C
I→VIIdim→I
T→D→T
これは属七の和音 V7 の根音省略形として捉えることもできる。

ノン・ダイアトニック・コードとして[編集]

経過和音 passing chord として(機能はない)

ハ長調において、元の和音進行が C→Dm→Em→Dm→C である場合、和音進行を滑らかにするために、経過的に次のように用いられることがある:

C→C#dim→Dm→D#dim→Em→Edim→Dm→Ddim→C

経過和音として減三和音を用いる場合、後続和音は長三和音か短三和音でなければならない。後続和音が七の和音である場合、その三和音部分はやはり長三和音か短三和音でなければならない。

関連記事[編集]