清海部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清海部隊
청해부대
創設 2009年3月4日
所属政体 韓国の旗 韓国
所属組織 大韓民国海軍
兵種/任務/特性 海賊対処、対テロ
人員 約300名
上級単位 第151合同任務部隊
テンプレートを表示

清海部隊(せいかいぶたい、朝鮮語청해부대)は、ソマリア沖の海賊の襲撃から大韓民国の船舶を護衛するために、大韓民国海軍2009年3月3日に編成した部隊。自国関係船舶の護衛を主たる任務とするが、状況に応じて第151合同任務部隊の指揮下で監視、臨検を行なうとされる[1]

編成された部隊の陣容は、4,500トン級駆逐艦1隻、スーパーリンクス対潜ヘリコプター1機、UDT/SEALから30人の派遣要員を含む約300人で構成される。

第1次隊の長はチャン・ソンウ大佐(海士39期)が務めた。部隊本部は人事、情報、作戦、兵站、法務など擁し、国際的基準に基いた最適な海外派兵任務が遂行できるように構成されている。これに関して人事参謀には海兵隊士官が補職され、海軍と海兵隊が協同行動が取れるように配慮されている。さらに女性軍人5人が要員に含まれている。

第3次隊からは警備強化のために海兵隊員8名が加わる[2]

派遣状況[編集]

回次 艦船 出港 任務開始 任務終了 帰港
1 DDH-976 文武大王 2009年3月13日 2009年4月16日 2009年8月19日 2009年9月14日
2 DDH-977 大祚栄 2009年7月16日 2009年8月19日 2009年12月23日 2010年1月18日[3]
3 DDH-975 忠武公李舜臣 2009年11月20日 2009年12月23日 2010年4月21日 2010年5月20日
4 DDH-979 姜邯賛 2010年4月2日[4] 2010年4月21日  2010年9月12日 2010年10月4日[5]
5 DDH-978 王建 2010年8月9日 2010年9月13日[6] 2010年12月28日 2011年1月20日[7] 
6 DDH-981 崔瑩 2010年12月8日[8] 2010年12月29日 2011年5月5日 2011年5月27日[9]
7 DDH-975 忠武公李舜臣 2011年4月5日[10] 2011年5月6日 2011年9月12日 2011年10月4日
8 DDH-976 文武大王 2011年8月12日[11] 2011年9月13日 2012年1月14日 2012年2月10日
9 DDH-977 大祚栄 2011年12月16日[12] 2012年1月15日 2012年5月22日 2012年6月15日
10 DDH-978 王建 2012年4月23日[13] 2012年5月23日 2012年9月11日 2012年10月22日
11 DDH-979 姜邯賛 2012年8月20日[14] 2012年9月12日 2013年1月予定 2013年2月19日
12 DDH-976 文武大王 2012年12月27日[15] 2013年1月下旬 2013年5月予定 2013年6月28日
13 DDH-978 王建 2013年5月3日[16] 2013年6月初頭予定 2013年10月予定 2013年11月5日
14 DDH-981 崔瑩 2013年9月9日[17] 2013年10月初頭予定 2014年2月予定

脚注[編集]

関連項目[編集]