清水寺 (安来市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清水寺
Yasugi Kiyomizu-dera konpondo.jpg
根本堂
所在地 島根県安来市清水町528
位置 北緯35度24分8.1秒
東経133度16分54.8秒
座標: 北緯35度24分8.1秒 東経133度16分54.8秒
山号 瑞光山
宗派 天台宗
本尊 十一面観世音菩薩
創建年 (伝)用明天皇2年(587年
開基 尊隆上人
正式名 瑞光山 清水寺
別称 安来清水寺
札所等 中国観音霊場23番、出雲観音霊場27番、出雲國神仏霊場11番
文化財 根本堂、木造十一面観音立像、木造阿弥陀如来両脇士坐像、木造阿弥陀如来坐像他
テンプレートを表示
三重塔

清水寺(きよみずでら)は、島根県安来市にある天台宗。山号は瑞光山。中国観音霊場第28番札所、出雲観音霊場第27番札所、出雲國神仏霊場第11番札所。開山は尊隆上人、本尊十一面観世音菩薩

歴史[編集]

寺伝では用明天皇2年(587年)、尊隆上人により開かれたというが、一時廃れ、大同元年(806年平城天皇の勅旨を受け、盛縁上人により復興されたという。

その後承和14年(847年)、唐からの帰路立ち寄った円仁(慈覚大師)により光明真言会が創められ、天台宗に帰依したという。

その後幾度かの火災と復興を経て、明徳4年(1393年)にほぼ現在の寺域が定まったが、戦国時代兵火に襲われ根本堂以外の建物は焼失した。伽藍はその後毛利氏及び松平氏により復興され、加えて安政6年(1859年)には信徒の手により三重塔が建立され、現在の形となった。

伽藍[編集]

  • 大門
  • 開山堂
  • 弁才天堂
  • 本坊
  • 蓮乗院
  • 閼伽井堂
  • 稲荷社
  • 常行堂
  • 護法堂
  • 根本堂
  • 毘沙門堂
  • 護摩堂
  • 鐘楼
  • 三重塔
  • 仁王門

文化財[編集]

根本堂

重要文化財(国指定)[編集]

建造物
  • 根本堂 附:棟札4枚 - 明徳4年(1393年)
彫刻
  • 木造十一面観音立像 - 平安時代
  • 木造阿弥陀如来両脇士坐像(3躯) - 平安時代
  • 木造阿弥陀如来坐像 - 平安時代
  • 木造摩多羅神坐像 覚清作

島根県指定有形文化財[編集]

建造物
  • 清水寺三重塔 附:工作図板1面 - 安政6年(1859年
彫刻
  • 木造十一面観音立像 - 平安時代
  • 石造線刻大日如来坐像 - 正嘉元年(1257年
  • 木造四天王立像(4躯) - 鎌倉時代
工芸品

行事[編集]

  • 1月1日~1月5日 - 修正会
  • 4月29日~5月5日 - 還誕祭
  • 5月第4日曜日 - 仏教文化講座
  • 8月23日 - 萬燈会
  • 10月第3日曜日 - 光明真言会
  • 12月17日 - 大梵焼祭
  • 12月31日 - 除夜祭

所在地[編集]

前後の札所[編集]

中国三十三観音霊場
27 雲樹寺 -- 28 清水寺 -- 29 大山寺

関連項目[編集]

外部リンク[編集]