清凉里 588

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯37度34分41.5秒 東経127度2分41秒

清凉里 588
Cheongnyangni 588 01.JPG
清凉里 588
ガラス窓のところがいわゆる「飾り窓」である
各種表記
ハングル 청량리 588
漢字 清凉里 588
発音 チョンニャンニ オーパルパル
日本語読み: せいりょうり ごはちはち
英語表記: Cheongnyangni 588
テンプレートを表示

清凉里 588(チョンニャンニ オーパルパル)は、大韓民国ソウル特別市東大門区清凉里駅近くにある風俗街である。

この地区は一般的に「オーパルパル」の名前で呼ばれる。名前の由来は、典農洞588番地に存在するため[1]

オランダアムステルダムの有名な風俗街飾り窓と似た構造となっている。1980年代以降、ミアリテキサス千戸洞テキサスと並ぶソウルの風俗街として名を馳せた。

しかし、性売買特別法の施行に伴い、かつて程の賑わいは失われつつある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オ・ユソク「東大門外遊郭「清凉里588」空間構成の歴史と変化」、『ソウル学研究』、第36号、(2009)、ソウル市立大学ソウル学研究所

関連項目[編集]