添い寝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

添い寝(そいね)とは寝ようとする相手に寄り添って寝ることである。1 - 2歳頃の幼児期においては添い寝は母子の絆を強める作用を持つため重視される。イスラエルキブツ(乳児は生後6週目からここで育てられる)における研究報告はこの事実を明確に示している。

ただし、この状況は各国によって異なり、日本などアジア地域は添い寝に関しては寛容である。しかし、ベンジャミン・スポックの『スポック博士の育児書』などのように欧米では否定され、1999年5月アメリカ合衆国米国消費者製品安全委員会(CPSC)報告では「子供が圧死する危険性がある」とされ、フランスでは近親姦性的虐待に繋がりかねないとして否定する論調が目立つ。

日本でも非行少年の多くが添い寝をいつまでも受けていたという相部和男の調査結果もあり、否定的な見方もある。相部和男による非行少年1万人を対象とした調査で、「溺愛型」で非行に走った62%のうち小学校入学時まで添い寝されていたのは65.2%、小学校に進学しても添い寝されていたものは28.1%である[1]

こういった議論を踏まえると、個人差や文化的差異もあるが、添い寝は3歳くらいまでが一応の目安であると考えられている。

出典[編集]

  1. ^ 『こんな親が問題児をつくる』(相部和男、1990年) 49ページ ISBN 4-06-184813-5

外部リンク[編集]