淳心会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

淳心会ラテン語: Congregatio Immaculati Cordis Mariae、略称: C.I.C.M.)は、1862年11月28日に、ベルギーマリーヌ大司教区の教区司祭であったテオフィロ・ベルビストフランス語版によって創設されたカトリック男子修道会。ラテン語名称の原義は「マリアの汚れなき御心」である。

沿革[編集]

初期は中国1865年)、ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国1888年)、フィリピン1907年)、インドネシア1937年)でそれぞれ活動を開始した。第二次世界大戦後、世界情勢の変化に伴い、ベルギーオランダなどの会員増加によって、会の活動が日本をはじめ、アフリカアジア北中南米に拡大している。1957年の総会においては、国籍や人種を問わず、現地の若者が入会できるような体制が整えられた。

日本における活動[編集]

日本においては1948年から福音宣教活動を開始。宗教法人 カトリック淳心会として日本管区本部を兵庫県姫路市に置き、現在、ベルギー、オランダ、コンゴ民主共和国、フィリピン、インドネシアからの宣教師大阪広島東京などのさまざまな教区で活動している。

オリエンス宗教研究所は淳心会に所属する研究・出版組織であり、日本のカトリック教会で共通して用いられているリーフレット『聖書と典礼』などの出版物でよく知られている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「淳心会」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。