深井正樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
深井 正樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 フカイ、ぷーちゃん、フカ
カタカナ フカイ マサキ
ラテン文字 FUKAI Masaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1980年9月13日(34歳)
出身地 山梨県南巨摩郡増穂町
(現富士川町)
身長 161cm
体重 61kg
選手情報
在籍チーム V・ファーレン長崎
ポジション FW/MF
背番号 9
利き足 左足
ユース
1989-1992 増穂サッカースポーツ少年団
1993-1995 甲西トラベッソジュニアユース
1996-1998 山梨県立韮崎高等学校
1999-2002 駒澤大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2008 鹿島アントラーズ 92 (13)
2007 アルビレックス新潟 (loan) 18 (2)
2008 名古屋グランパス (loan) 5 (0)
2008 ジェフ千葉 (loan) 11 (4)
2009-2013 ジェフ千葉 147 (29)
2014- V・ファーレン長崎
1. 国内リーグ戦に限る。2014年5月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

深井 正樹(ふかい まさき、1980年9月13日 - )は、山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町)出身のサッカー選手。ポジションはFWJリーグV・ファーレン長崎所属。

略歴[編集]

増穂小学校在学中に増穂サッカースポーツ少年団にてサッカーを始める。6年生で全国大会出場も経験。

増穂中学校に入学、甲西トラベッソ(旧甲西町・現南アルプス市)に入団。クラブの「ドリブルが得意な選手を育てる」指導方針の元、ドリブルという武器が生まれる。

1996年韮崎高校に進学。1、3年時に全国選手権に出場し、いずれも早期敗退のため全国的には無名であったが、1回戦で敗退した3年の選手権終了後には「もっと見てみたい選手だった」と紹介する記事も存在した[1]

1999年駒澤大学に進学。巻誠一郎とコンビを組み「大学サッカー史上最高の2トップ」と謳われた。ユニバーシアード代表メンバーにも選出され、北京大会にて金メダル獲得。

2001年天皇杯ではJ1ジュビロ磐田を相手に2得点を挙げた。

2002年、駒澤大学を関東大学リーグ初優勝に導き、巻誠一郎と並び12得点で得点王にもなった。

2003年鹿島アントラーズに入団。入団当時の背番号は26番。3月22日のJ1・1stステージ第1節浦和レッドダイヤモンズ戦で初出場。初得点は11月8日J1・2ndステージ第12節ガンバ大阪戦で記録。※2得点

2004年長谷川祥之の背負っていた背番号11番を受け継いだ。 

2006年11月1日にタレントの尾上康代と入籍。2007年1月13日に結婚式を挙げた。

2007年FWとしての出場機会を求め、アルビレックス新潟期限付き移籍をしたが、度重なるケガを含め期待された結果を出す事が出来ず、期限付き移籍期間満了となった。

2008年は、名古屋グランパスに期限付き移籍したが、出場機会に恵まれず、8月に残留争い中のジェフユナイテッド市原・千葉へ期限付き移籍した。千葉では大学時代の盟友・巻誠一郎と再びツートップを組む。巻との相性の良さは健在で、千葉でのデビュー戦となった9月14日東京ヴェルディで先制点の深井がJ1リーグ通算12999ゴールを、追加点の巻がJ1リーグ通算13000ゴールを挙げた。また、名古屋戦や浦和戦でも決勝点を決める活躍を見せ、ジェフの奇跡的な残留に貢献した。

2009年、前年の活躍もあり、1月5日に鹿島から千葉への完全移籍が正式発表された。

2010年ロシア・プレミアリーグアムカル・ペルミへの移籍が決まった巻誠一郎の退団セレモニーが行われた7月31日大分トリニータ戦でこの年唯一となる得点を決めた。このゴールについて、江尻篤彦監督は「巻の魂が深井に乗り移っていた」とコメントし、巻もセレモニー中の挨拶で「個人的には深井がゴールを決めてくれたことが本当に嬉しかったです」と語った。

2011年、開幕戦から左サイドのレギュラーとペナルティーキックのキッカー(1番手が深井、2番手が米倉恒貴と決まっていた[2])を務め、自身初の2桁得点となる14得点。リーグ得点ランク3位タイの成績を残した。また、第10節愛媛戦でのゴールがスカパー!Jリーグアフターゲームショーの視聴者投票によってJ2年間ベストゴールに選ばれた。

2014年1月10日、シーズン中に負った怪我の影響もあり、千葉との契約満了が発表された[3]。同年は無所属のままリハビリを行ない、その間にはJ2第11節で千葉が開催したイベント「フクアリ満員大作戦!!」のPR部長を務めるなど、千葉の広報活動も行なっていた[4]

負傷が完治した2014年6月より、V・ファーレン長崎に加入[5]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

  • 1989年 - 1992年 増穂サッカースポーツ少年団
  • 1993年 - 1995年 甲西トラベッソジュニアユース
  • 1996年 - 1998年 韮崎高校
  • 1999年 - 2002年 駒澤大学

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2001 駒大 10 - - -
2002 - -
2003 鹿島 26 J1 22 2 5 0 4 2 31 4
2004 11 20 3 6 2 3 0 29 5
2005 27 4 6 0 2 0 35 4
2006 23 4 11 1 3 1 37 6
2007 新潟 9 18 2 5 1 1 0 24 3
2008 名古屋 18 5 0 6 0 - 11 0
千葉 36 11 4 - 0 0 11 4
2009 9 32 6 6 2 2 0 40 8
2010 J2 19 1 - 2 1 21 2
2011 36 14 - 1 0 37 14
2012 36 4 - 2 0 38 4
2013 13 0 - 1 1 14 1
2014 長崎 -
通算 日本 J1 158 25 45 6 15 3 218 34
日本 J2 104 19 - 6 2 110 21
日本 - -
総通算 262 44 45 6 21 5 328 55

その他公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 鹿島 26 2 0
通算 AFC 2 0

代表歴[編集]

脚注[編集]


関連記事[編集]

外部リンク[編集]