深セン東海航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「東海航空」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
深圳東海航空
Shenzhen Donghai Airlines
IATA
J5
ICAO
EPA
コールサイン
Donghai Air
設立 2002年11月
ハブ空港 深圳宝安国際空港
保有機材数 2機
本拠地 中国広東省深圳
深セン東海航空
各種表記
繁体字 深圳東海航空
簡体字 深圳东海航空
拼音 Shēnzhèn Dōnghăi Hángkōng
発音: シェンヂェン ドンハイ ハンコン
英文 Shenzhen Donghai Airlines
テンプレートを表示

深圳東海航空(しんせん-とうかい-こうくう)は中華人民共和国広東省深圳市にある深圳宝安国際空港を本拠地とする貨物航空会社である。

概要[編集]

2002年11月、同航空会社の前身となる珠海捷暉航空有限公司が設立される。設立時には珠海金湾空港を本拠としていた。2004年6月、本拠地を深圳宝安国際空港に移転し、名称も深圳東海航空有限公司と改める。 深圳東海航空の出資比率は、深圳東港トレード(深圳東港商貿公司)が51%、東海ユナイテッドグループ(東海聯合集団公司)が25%、香港永港企業公司が25%である。2006年8月ボーイング737-300Fで運航開始した。上海線に就航しているが将来は昆明にも就航するという。2007年3月現在、2機を保有している。なお東海とは中国では東シナ海の意である。

外部リンク[編集]