消費者行動分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

消費者行動分析(しょうひしゃこうどうぶんせき、: Consumer behavior analysis)とは、ミクロ経済学の基礎的な理論であり、経済の消費部門における、個々の消費者の最適化行動のモデル化を目的とする。

ここで、第1財、第2財の2種類の財が存在する経済を仮定し、任意の消費者の所得をI、各財の消費量を(x_1,x_2)、各財の価格を(p_1,p_2)とすると、この消費者の予算制約は、p_1x_1 + p_2x_2 \le Iとなり、この消費者の最適化行動とは、この消費者の効用関数である、u(X_1,X_2)の制約条件つき最大化問題として表現できる。

この最大化の解は、幾何学的には、無差別曲線予算線の接点として表現される。予算線のパラメーターのうち、価格の変化によって消費者の効用を最大化する各財の消費量の組み合わせがどのように変化するかを分析するとき、代替効果と所得効果に分けて分析するのが一般的である。

関連項目[編集]