消えた消防車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
消えた消防車
Brandbilen som försvann
著者 ペール・ヴァールー
マイ・シューヴァル
訳者 高見浩
発行日 スウェーデンの旗 1969年
日本の旗 1973年(文庫)
発行元 スウェーデンの旗
日本の旗 角川書店角川文庫
ジャンル 警察小説ミステリー
スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 日本語
形態 上製本
文庫
ページ数
425(文庫)
前作 笑う警官
次作 サボイ・ホテルの殺人
コード
ISBN 4-04-252003-0(文庫)
テンプレートを表示
スウェーデンの消防車

消えた消防車』(きえたしょうぼうしゃ)は、ペール・ヴァールーとマイ・シューヴァル共著によるスウェーデン警察小説マルティン・ベック シリーズ」の第5作[1]である。

翻訳の原書は、ジョーン・テイト(Joan Tate)訳、パンテオン・ブックス(Pantheon Books)の英語版「The Fire Engine That Disappeared」。

あらすじ[編集]

1968年3月7日23時9分、ストックホルムのシェルドガータンで自動車窃盗団の張り込みを行っていたグンヴァルド・ラーソンの目の前で当該の家屋が爆発炎上した。共に張り込みをしていた警官が通報したにもかかわらず消防車は直ぐには到着しなかった。一方、同日の早朝に一人の男が拳銃で自殺を計った。その男の枕元には「マルティン・ベック」と書かれたメモ書きが残されていた。

検死の担当医によると爆発炎上した家屋にいた自動車泥棒のイエーラン・マルムは出火時には既に一酸化炭素中毒で死亡しており、現場検証の結果マルムはガス自殺を計った証拠が見つかった。その上、国立科学捜査研究所(Statens kriminaltekniska laboratorium:SKL))の鑑識官イェルムの検証で発火の原因はマルムのベッドのマットレスに仕掛けられていた精巧な発火装置であることが判った。

登場人物[編集]

マルティン・ベック
ストックホルム警察・殺人課・主任警視
レンナルト・コルベリ
ストックホルム警察・殺人課・主任警視代理
グンヴァルド・ラーソン
ストックホルム警察・殺人課・警部
フレドリック・メランデル
ストックホルム警察・殺人課・警部
エイナール・ルン
ストックホルム警察・殺人課・刑事
ベニー・スカッケ
ストックホルム警察・殺人課・警部補
オスカー・イェルム
国立科学捜査研究所鑑識官
ペール・モーソン
マルメ警察・警部
イエーラン・マルム
自動車泥棒

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この作品群は個々の作品が独立しており「続き物」では無い