大ダコ (東宝特撮作品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海魔大ダコから転送)
移動: 案内検索

大ダコ(おおだこ)は東宝怪獣映画キングコング対ゴジラ』などに登場した架空の生物である。資料によっては大タコとも表記される[1]。別名は海魔怪魔[2]など。

概要[編集]

突然変異により巨大化したタコで、長い触手と怪力により様々な怪獣を苦しめた。また、肉食性が強く漁船などを襲い人間を捕食する。全ての個体が夜行性。

後年刊行された書籍によれば、『キングコング対ゴジラ』で本物のタコが登場するシーンは肝心のコング対ゴジラの場面よりも好評であったとまで言われている。このシーンは海外でも大受けをとり、円谷英二は「アメリカではコングよりタコのほうが評判が良かった。『フランケンシュタイン対地底怪獣』、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』ではとにかくタコを出してくれとアメリカの興行から注文を受けた」と語っている。

円谷英二はゴジラ第1作の頃に巨大なタコが登場する企画を考えていたとも言われ、それが年月を経て本作の大ダコに帰結したと見ることもできる。

登場作品[編集]

公開順。

  1. キングコング対ゴジラ(1962年)
  2. フランケンシュタイン対地底怪獣(TV放映版)(1965年)
  3. フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ(1966年)

『キングコング対ゴジラ』に登場した大ダコ[編集]

夜行性で夜ファロ島に上陸し、住民を捕食しようとしたが、突如現れたキングコングに妨害され戦いとなる。戦いではコングの頭に絡み付いたり、頭部を触手で締め上げるなどして善戦するが、キングコングの怪力には歯が立たず投げ飛ばされて敗北し海に逃走した。

  • 身長:30メートル
  • 体重:600トン
  • 本物のマダコとミニチュアの触手を使用して撮影している。
    • 撮影に使われたタコは、マダコであるが、特撮で大ダコを表現する方法がスタッフ会議でもなかなか思い浮かばず、撮影スケジュールも終盤になってから、ならば本物を、という円谷のアイデアでの起用となった。そして、三浦半島には海から上陸して畑で見つかるタコがいるという話を聞いたスタッフがロケに行き、現地にオープンセットを作り、捕らえてきたタコを焼きごてで下から突いて、その刺激で反応させて動かし、撮影したという。なお撮影終了後、そのタコはスタッフの腹に納まった(要するに食われた)そうだが、これに関して助監督の中野昭慶は「あれは慰安旅行も兼ねていたのでは」と語っている。
    • コングと絡む場面のタコは、特美スタッフによってラテックス製のものが作られた[1]村瀬継蔵によれば、小さな吸盤は本物のタコのものを石膏で型取りして作ったが、型抜きする頃には腐敗臭がものすごく、体中に臭いがついて大変だったそうである。人間を絡めとって投げるシーンは、人形アニメの手法で撮影された。人形アニメートは「円谷特殊技術研究所」で高野宏一中野稔らが行った。
  • このシーンは『ウルトラQ』第23話「南海の怒り」に流用された。

『フランケンシュタイン対地底怪獣』に登場した大ダコ[編集]

富士山麓の湖に生息しておりバラゴンとの戦いで疲労したフランケンシュタインを襲撃し、フランケンシュタインを湖に引きずり込み、相打ちとなった。

  • 身長:25メートル
  • 体重:2万トン
  • 大ダコが登場するくだりはテレビ放映版で初めて公開された。詳細はフランケンシュタイン対地底怪獣#結末のバリエーションを参照。
  • 八木寛寿、八木康栄、村瀬継蔵による造形。大ダコの体表のぬめりは、有機ガラスを塗りつけて表現したが、撮影でセットに撒かれたオガ粉が表面にくっついてしまい、カットごとにこれを洗い落とすのが大変だったそうである。
  • 造形物は『ウルトラQ』第23話「南海の怒り」のスダールにそのまま流用され、その後『サンダ対ガイラ』(1966年、本多猪四郎監督)の大ダコに使用された。

『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』に登場した大ダコ[編集]

嵐の夜に第三海神丸を襲っているところをガイラに妨害され対決し互角の攻防を繰り広げるが、ガイラに投げ飛ばされてしまう[4]

  • 身長・体重は前作と同じ。
  • 造形物は前作の流用。
  • ピアノ線で8本の脚を操演しているが、本体は全く動かないものなので、ガイラに捲きつくカットなどは一人芝居となり、中島は「まるで南京玉すだれだった」と述懐しているが、ラッシュを見た際には「ああうまくいったな」と苦労の甲斐あって会心の思いだったという。
  • その後1968年の『戦え! マイティジャック』の大ダコに流用された(この時点で相当劣化していた)後、東宝の倉庫に返却され、そのまま再使用されることもなく、経時変化で固まり、倉庫の壁にくっついてしまった状態がかなり後に確認されている。

その他[編集]

時期としては『フランケンシュタイン対地底怪獣』と『サンダ対ガイラ』の間の時期であるが、造形物の他に『キングコング対ゴジラ』のライブフィルムの流用もある。
  • 『戦え! マイティジャック』第14話「炎の海を乗り越えろ!」- 海魔大ダコに流用
唯一、白昼に出現した個体。海から垂直に足を伸ばして襲い掛かり、全長235mのMJ号と同程度の大きさであった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス2012年、66 - 69頁。ISBN 9784864910132 
  2. ^ 『講談社ヒットブックス20 ゴジラvsキングギドラ 怪獣大全集』 講談社1991年、69頁。ISBN 4-06-177720-3
  3. ^ 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス、2012年、132 - 135頁。
  4. ^ 書籍などでは「八つ裂きにされた」と記されている

関連項目[編集]