海辺のポーリーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海辺のポーリーヌ
Pauline à la plage
監督 エリック・ロメール
脚本 エリック・ロメール
製作 マルガレート・メネゴス
出演者 アマンダ・ラングレ
アリエル・ドンバール
パスカル・グレゴリー
音楽 ジャン=ルイ・ヴァレロ
撮影 ネストール・アルメンドロス
編集 セシル・ドキュジス
配給 フランス映画社
公開 西ドイツの旗 1983年2月BIFF
フランスの旗 1983年6月23日
日本の旗 1985年6月15日
上映時間 95分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

海辺のポーリーヌ』(うみべ-、: Pauline à la plage: Pauline at the Beach)は、1983年フランス映画

監督・脚本エリック・ロメール第33回ベルリン国際映画祭で監督賞と国際批評家賞を受賞した。 同監督の「喜劇と格言劇」シリーズ第3作。 引用されている詩は、"Qui trop parole, il se mesfait" (Chrétien de Troyes)。

ストーリー[編集]

避暑地ノルマンディー。海辺の別荘にやってきた15歳の少女ポーリーヌ(アマンダ・ラングレ)が体験する、夏の終わりの恋愛騒動。

スタッフ[編集]

  • 製作:マルガレート・メネゴス Margaret Menegoz
  • 監督:エリック・ロメール Éric Rohmer
  • 脚本:エリック・ロメール Éric Rohmer
  • 撮影:ネストール・アルメンドロス Néstor Almendros
  • 編集:セシル・ドキュジス Cecile Decugis
  • 音楽:ジャン=ルイ・ヴァレロ Jean-Louis Valero
  • 録音:ジョルジュ・プラット Georges Prat

キャスト[編集]

外部リンク[編集]