海豹島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海豹島
Tuleny.jpg
座標 北緯48度30分0秒 東経144度39分0秒 / 北緯48.50000度 東経144.65000度 / 48.50000; 144.65000座標: 北緯48度30分0秒 東経144度39分0秒 / 北緯48.50000度 東経144.65000度 / 48.50000; 144.65000
最高標高 18 m
所在海域 オホーツク海
テンプレートを表示
海豹島の位置

海豹島(かいひょうとう、: Остров Тюлений チュレーニー島)は、樺太島の中東部、北知床半島の先端(北知床岬)より南西12kmに位置する無人島である。日本施政下においては樺太敷香郡散江村に所属していたが、現在はロシア連邦サハリン州ポロナイスク地区管下にある(当該地域の領有権に関しては樺太の項目を参照)。

概要[編集]

島は長さ636m、幅100mに満たない小島で、標高18mの平坦絶壁をなす岩山とそれを囲む砂浜からなる。 海岸の砂浜にはキタオットセイトドの繁殖地があり、周囲30海里(約56km)は自然保護区として船舶や航空機の接近が禁じられている。 ウミガラスをはじめとして多数の海鳥も生息している。

名称[編集]

海豹島の名はオランダ語名称Robbeneilandの直訳に由来し、ロシア語名称Остров Тюленийも同じである。オランダ語で単にRobbenといえばアザラシのことであるが、アシカOorrobben(耳のあるアザラシの意)と呼ぶなど鰭脚類の動物一般を指す言葉でもある。これはヨーロッパの言語では珍しいことではなく、英語ではオットセイをfur seal(毛皮用のアザラシの意)と呼び、あるいはリンネはオットセイの学名をPhoca ursina(熊のようなアザラシの意)としたなどの例が挙げられる。したがってこの島をRobbenと名付けたのはオットセイに由来すると考えられ、それを海豹(アザラシ)と翻訳したのはある種の誤訳といえる。

アイヌウィルタなど先住民による名称は明らかでないが、明治初期の絵図には北知床岬(真尻床)の脇の島にアトヤモシリと記されておりアイヌ語名称の音訳と思われる[1]

歴史[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 北蝦夷敷香ヨリ真尻床迄絵図”. 北海道大学附属図書館北方資料室. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ Lvov et al. (1971). “Tuleniy virus. A new Group B arbovirus isolated from Ixodes (Ceratixodes) putus Pick.-Camb. 1878 collected on Tuleniy Island, Sea of Okhotsk”. Am J Trop Med Hyg 20 (3): 456-460. PMID 5088394. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]