海老川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海老川
Ebiriver.jpg
米ケ崎町付近の海老川
水系 二級水系 海老川
種別 二級河川
延長 2.670 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 千葉県船橋市
河口・合流先 東京湾(船橋市)
流域 千葉県船橋市
テンプレートを表示

海老川(えびがわ)は、千葉県船橋市の南部を流れ東京湾に注ぐ二級河川。海老川水系の本流である。

地理[編集]

千葉県船橋市高根町付近に源を発し南へ流れ東京湾に注ぐ。

船橋地方は起伏が緩やかな為、最も大きな河川である海老川も水源地から河口までの距離は8kmほどである。河口から八栄橋の北側までの約2.7kmが千葉県が管理する二級河川に指定されている。

海老川は小さい河川だが江戸時代にはもっと水量が多く、下流では五大力船が方向転換をすることができたという。現在では台地の住宅開発に伴う河川流入の水量の減少や治水工事、河川整備によって水量も少ないが、ごく近年まで大雨などによって洪水などの災害をたびたび起こしていた。

名称の由来[編集]

古代には太白川(おおいがわ)と呼ばれていた。「海老川」への名称変化については説が複数存在する。一般的に広く知られている話では、鎌倉時代に船橋を通りがけた源頼朝公に対し村人が太白川で取れた海老を献上したことから頼朝が「海老川」と名付けたとされているが、これはただの伝説にしかすぎない。他にも太白川が海老のように激しく、蛇行していたことに由来する説や手長海老が多く生息していた為その名称となったなど諸説存在する。

支流[編集]

かつては本流以外の小流に名称はなく海老川又は単に小川と呼称されていたが、市街化の進んだ船橋市では排水路との関係でどんな小さな流れにも川名が付けられている。下流より記載

  • 長津川(二級河川)
    • 上長津川
    • 向田川
    • 塚田川
      • 貝塚川
    • 銅谷川
    • 支流
  • 市場川
  • 前原川
    • 中野木川
  • 飯山満川(二級河川)
    • 右第2支川1
    • 右第2支川2
    • 左第2支川
  • 北谷津川
    • 金杉川
      • 支川
  • 宮前川
  • 高根川
  • 念田川

関連項目[編集]