海洋惑星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海洋惑星の想像図。

海洋惑星英語: Ocean planet)とは仮説上の惑星の種類である。全体が深さ数百kmの厚いの層に覆われた惑星で、を多く含んだ惑星が惑星系の内側に移動した時に形成される。

この言葉は単に「海を持つ惑星」という意味でも用いられるが、当記事では前述の特徴を持つ惑星について記述する。

概要[編集]

惑星系の外側で形成される原始惑星は、岩石のほかに大量の水のを含んでいる。これが内側に移動して氷が解けることで海洋惑星となる。古典的な惑星形成論では惑星の軌道を固定されたものと考えてきたが、恒星の近くを周回する系外惑星が多数発見された現在では、一般的な現象として惑星の移動が起きていると受け止められるようになった。原始惑星の移動で海洋惑星が形成されるという発想もこのような認識の変化の中で登場したものである。海洋惑星についての初期の議論は2003年に Marc Kuchner や Alain Légerが行なったものがある[1]

太陽系には海洋惑星は存在しないため、この言葉は太陽系外惑星の議論の中で使われる。海洋惑星の海の深さは数百kmに達し、地球の海洋(平均で3.7km)とはスケールが異なる。海底は高圧となり、地球上では見られないような高圧相氷がマントルを構成する。その温度は標準的な氷の融点(0℃)を上回るかもしれない。また、恒星に近い高温の惑星では、海洋の表面温度が沸点を上回って水が超臨界流体となる。この場合、太陽系のガス惑星と同じように、惑星の明確な「表面」が存在しなくなる[1]

グリーゼ581dは海洋惑星の候補天体の1つである。この惑星はグリーゼ581ハビタブルゾーン内の外寄りを公転しており、温室効果によって液体の水が存在するに十分なほど惑星の表面温度が高められている可能性がある。

参考文献[編集]

  1. ^ a b “Ocean Planets on the Brink of Detection”. Physorg.com. (2007年2月2日). http://www.physorg.com/news89627725.html 2007年2月2日閲覧。 

関連項目[編集]