海峡両岸関係協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海峡両岸関係協会
各種表記
繁体字 海峽兩岸關係協會
簡体字 海峡两岸关系协会
拼音 Hăixiá Liăng'àn Guānxì Xiéhuì
注音符号 ㄏㄞˇ ㄒ|ㄚˊ ㄌ|ㄤˇ ㄢˋ ㄍㄨㄢ ㄒ|ˋ ㄒ|ㄝˊ ㄏㄨㄟˋ
発音: ハイシャー リャンアン グァンシー シェーフイ
英文 The Association for Relations Across the Taiwan Straits
テンプレートを表示

海峡両岸関係協会(かいきょうりょうがんかんけいきょうかい、略称:海協会ARATS)は、1991年12月16日に設立された中国(中華人民共和国)政府の対台中華民国)交渉窓口機関である。国務院台湾事務弁公室所管。台湾(中華民国)側のカウンターパートは、海峡交流基金会(海基会)。

1987年に台湾住民の大陸訪問が解禁され、中台両岸間の民間交流が進展したのに伴い、中台間に生じる諸問題を処理するために、社会団体法人(日本でいう社団法人)という形式で、1991年12月16日に設立した。本会の目的は、「海峡両岸交流の促進、両岸関係の発展、祖国平和統一の実現」と規定されている[1]

主要な出来事[編集]

歴代会長[編集]

  1. 汪道涵(1991年12月-2005年12月)---元上海市長
  2. 陳雲林(2008年-2013年4月)---元国務院台湾事務弁公室主任
  3. 陳徳銘 (2013年4月ー現在)---前中華人民共和国商務部部長

関連事項[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 海峡両岸関係協会 (注)国務院台湾事務弁公室のホームページの中にあり、独立したホームページは存在しない