海北塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海北塚古墳
Kaihoudukakohun02.jpg
位置 北緯34度50分29秒
東経135度32分58.6秒
所在地 大阪府茨木市西福井1丁目
築造年代 6世紀頃
史跡指定 大阪府指定文化財
テンプレートを表示

海北塚古墳(かいほうづかこふん)は大阪府茨木市に所在する古墳

概要[編集]

石棺

古墳の封土は失われ、西向きの横穴式石室が露出した状態で、石室は左片袖式で丸みのある花崗岩を積み上げている。 玄室の規模は、長さ4.2m、幅2.2m、高さ3.0m、羨道は、現在の長さ5.7m。 玄室の内部には、6個の緑泥片岩で組み合わされた箱式石棺が安置されている。 その石材は、この付近では産出しない石で、四国阿波から運ばれてきたものと推定されている。

明治42年(1909年)、石室外の封土の中から、金環や銀製鍍金の勾玉白銅質人物獣帯鏡・刀身片・須恵器などが出土。 昭和10年(1935年)に土地の所有者が石室内の土砂を搬出したところ、・鉄地金鋼製杏葉・金銅製雲珠・鞍金具・革金具などの馬具類、金銅製環頭柄、須恵器などが出土した。 とくに金銅製環頭柄は、刀剣の柄の部分で、中央に竜の頭が、その周囲の環に竜身が巻きついた立派なもの[1]

現在、副葬品東京国立博物館に保存・展示されている。

史跡指定[編集]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ 茨木市教育委員会 「茨木の史跡」 (1998) 全国書誌番号:99070557

関連項目[編集]