海上災害防止センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一般財団法人海上災害防止センター(かいじょうさいがいぼうしセンター、Maritime Disaster Prevention Center)は、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律(昭和45年法律第136号)第42条の13第1項に基づいて、海上保安庁長官の指定する指定海上防災機関である。


概要[編集]

主に、海難事故時の防災処置、消防や巡回、防災用機材の提供、海上火災の訓練実施、各種調査研究などを行っている。

そのほか、横須賀市に研修所、東京湾にある第二海堡に消防演習場を有する。

歴史[編集]

1972年5月 財団法人海上保安協会内に海上消防委員会が設立され、1974年12月財団法人海上防災センターとして独立。
1976年10月 認可法人となり、海上災害防止センターに名称を変更する。
2003年10月 独立行政法人海上災害防止センターとなる。
2004年 本部が横浜に移動した。
2013年10月 独立行政法人海上災害防止センターは解散し、一切の権利及び義務を一般財団法人海上災害防止センターが継承する。


消防演習場のある第二海堡(1988年国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成


外部リンク[編集]