海上における遭難及び安全に関する世界的な制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海上における遭難及び安全に関する世界的な制度英語: Global Maritime Distress and Safety System, GMDSS[1]; 世界海洋遭難安全システムとも)は、国際航海に従事する旅客船総トン数300トン以上の貨物船に、安定した遭難・非常通信を確保するとともに、航行警報気象警報等などの海上安全情報を自動で伝達できる通信システムである。1999年2月より実施されている。

完全実施まではFGMDSS(FはFuture―“近未来型”の意)と呼ばれていた。

特徴[編集]

  • 自動化・デジタル化で船舶局の負担を軽くし、船舶省人化を行う。
  • モールス符号の送受信などの特殊技能を不要とし(特別な表示をつけたボタンやスイッチの操作だけで済むようにする)、緊急時に乗組員の誰もが対応できるようにしている。
  • 人工衛星などを利用し安定した通信の確保を行う。
  • 航海中の無線設備の整備の負担を軽くするため、予備機の装備が定められている。
  • 海岸局が救助の統制などで主導的な役割を果たすという考えで構成されている。

航行海域区分[編集]

  • A1 : ディジタル選択呼出(DSC : Digital Selective Call)対応の国際VHF電話海岸局へ遭難通信が到達する海域(20~30海里)
  • A2 : A1を除いたDSC中波無線電話海岸局へ遭難通信が到達する海域(150海里程度)
  • A3 : A1・A2を除いたインマルサット静止通信衛星を利用して遭難通信を送出できる海域
  • A4 : A1・A2・A3以外の海域(緯度70度以上の両極圏

航行海域区分による装備の基準[編集]

設備 航行区域 A1 A2 A3 A4
持ち運び式双方向式無線電話装置
DSC無線設備 国際VHF
中波
短波 *1
インマルサット船舶地球局 *1
海上安全情報受信機 NAVTEX
インマルサットEGC(Enhanced Group Call) *2
短波NBDP(Narrow Band Direct Printing system) *2
非常用位置指示無線標識装置
(Emergency Position Indicating Radio Beacon、略してイーパーブ、イーパブ、イパーブ)
VHF *3
インマルサット静止衛星 *3 *4 *4
極軌道衛星 *3 *4 *4
  • *1 *2 *3 *4全て いずれか一つを備える。

歴史[編集]

出典[編集]

  1. ^ 海上保安庁. “GMDSS用語解説”. 2013年3月3日閲覧。