浦田・新島彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浦田・新島彗星
112P/Urata-Niijima
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  浦田武
新島恒男
発見日  1986年10月30日
符号・別名  1986 UD, 1993 U1
軌道要素 - IAUNASA
元期 2006年11月1日
離心率 (e)  0.586
近日点距離 (q)  1.465 AU
軌道長半径 (a)  3.542 AU
遠日点距離 (Q)  -
公転周期 (P)  6.67
軌道傾斜角 (i)  24.1675°
近日点引数 (ω) 
昇交点黄経 (Ω) 
前回近日点通過  2006年10月29日
次回近日点通過  2013年6月24日

浦田・新島彗星(112P/Urata-Niijima)は、1986年10月30日に浦田武新島恒男群馬県尾島町で発見した太陽系短周期彗星である。11月5日にブライアン・マースデンによって軌道周期が6.42年であると計算された。

次の出現は1993年10月20日で、キットピーク国立天文台のJames V. Scottiが発見した。さらに次の出現は2000年3月4日で、ハッブル宇宙望遠鏡を用いてPhilippe. L. LamyとHarold. A. Weaverが発見した。

外部リンク[編集]


前の彗星:
ヘリン・ローマン・クロケット彗星
周期彗星
浦田・新島彗星
次の彗星:
シュピターラー彗星