浣腸プレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

浣腸プレイ(かんちょうプレイ)とは、本来の医療行為としての浣腸(主に排便の促進等を目的とし肛門から液体を注入する行為)とは異なる目的で、スカトロSM等の性癖を持つ愛好家によってセックス自慰行為の手段として行なわれる性的嗜好を満足させるための浣腸行為を指す。エネマプレイとも呼ばれる。

概要[編集]

フロイトによれば人には性的発達段階において肛門期と呼ばれる排泄行為(排泄器官への刺激、便意の我慢、排泄等)に対して性的快感を覚える時期があるとされ、成長した後でも排泄行為に快感を覚える人が存在する。

そもそも排泄器官は性器と深いつながりのある性感帯の一部であり、排泄行為と性的行為はその行為や状況、身体的部位から近しいものとされやすいため、浣腸の持つ様々な側面が一部の性的嗜好として固着する傾向がある。

また、排泄行為はすべての文化に共通して非常にプライベートな行為であり、禁忌、羞恥の対象である。これを破ることに対する背徳感などに快感を覚える人もいる。一定の年齢以上では排泄のコントロールを行えるが、相手に浣腸を施すことにより強制的に自分もしくは他の人の前での排便をさせることができるため、浣腸そのものではなく禁忌を犯す(犯させる)快感をえるために浣腸が用いられることもある。

またこの延長で、相手に浣腸することで、禁忌である排便を自分の眼前でのみ行わせ、その結果、相手の禁忌を打ち砕いたという意味での征服感、あるいは他者にはとうてい得られない、自分のみが相手の最もはずかしい行為を鑑賞したという意味での独占欲を満喫する向きもある。

つまりサディストにとって浣腸プレイとは、通例は被虐者当人以外は見る(あるいは嗅ぐ)ことのありえない相手の排便というごくプライベートな事象を直視(嗅覚)することで、互いの肉体と精神上の絆をより深く強く結び合うという目的を充足させる行為でもある。[要出典]

一方マゾヒストにとっても、このプレイは、本来は自分以外見る(体験する)ことのありえ無い排便という、やはりごくプライベートな事象を相手のサディストの前に(相手の強制という段階を経て)さらけ出すことで、同じく、互いの肉体と精神上の絆をより深く強く結び合うという目的を満たす。[要出典]

さらにこれらの欲望とはまったく別個に、排泄物そのものに性愛を感じる人たちもおり、その意味において排泄を強制する浣腸を愛用する場合もある。

目的[編集]

一例として

  • 浣腸に伴う快感を楽しむ
    • 排泄器官に刺激を与えられることの快感
      • 浣腸器の挿入の刺激
      • 浣腸器の嘴管で玩弄する刺激
      • 薬液の注入の刺激
    • 排泄を我慢する快感
    • 排泄行為に対する快感
      • 排泄することの快感
      • 苦しみからの解放(限界まで我慢した上での排泄)に伴う快感
  • 羞恥心や禁忌を犯す背徳感にともなう快感を楽しむ
    • 浣腸を施術されることへの羞恥心
    • 浣腸された現実を再確認させられることへの羞恥心
    • 浣腸された感想を問いただされることへの羞恥心
    • 排泄器官を見られることに対する羞恥心
    • 排泄物を見られることに対する羞恥心
    • 正常ではない排泄物(下痢便・液状便)を見られる羞恥心
    • 排泄行為を見られることに対する羞恥心
    • 排泄行為を鏡や記録映像・写真などで強引に見せられることに対する羞恥心
    • 排泄時の表情の変化を見られることに対する羞恥心
    • 便意を我慢していることを見られることに対する羞恥心
      • 我慢している表情
      • 我慢している仕草
    • 排泄に伴う音を聞かれることに対する羞恥心
      • 排泄物が腸内を移動する音
      • 排泄物が肛門から吹き出る音
      • 排泄時の放屁音
      • 排泄物が便器等に落下したときに出る音
    • トイレ以外での排泄に伴う背徳感
      • 野外での排泄
      • 通常の生活空間での排泄
      • おまる等の非日常的な便器への排泄
      • 洗面器やバケツ等の日用品を便器の代用として(させられて)の排泄
      • 着衣での便失禁
      • おむつや生ゴムパンティの中への便失禁
    • 特殊な状況での排泄に伴う背徳感
      • 丸裸での排泄
      • 緊縛されての排泄
      • 吊られた姿での排泄
      • 鞭打たれながら、あるいは鞭打たれたのちの排泄
      • 卑猥な文句を復唱しながらの排泄
      • 神聖・敬虔な事象を冒涜、侮蔑しながらの排泄
      • 鏡像を視認しながらの排泄
      • 画像や動画を撮影されながらの排泄
      • 限界まで便意を耐えたのち、トイレに駆け込んでの排泄
  • 排泄物への性愛
    • 排泄物(糞)の大きさを自慢する・競い合う
    • 排泄する時にでる排泄音を楽しむ
    • 相手(パートナー)の全てを受け入れたい愛情
    • 糞尿を体に浴びる、顔に浴びる、体に塗る(塗糞)
  • パートナーに施し、上記の反応を楽しむ
    • パートナーへ排泄をおねだりする(させる)ことを楽しむ

といったことを目的として浣腸が用いられる。

失禁は幼児性を示すものでもあり、ロリータ・コンプレックスを持つ者にとって琴線に触れる行為ともとられることがあり、この性癖を持つものがパートナーに失禁させる目的で浣腸を施すこともある(一般にはパートナーの理解を得られることはまれである)。

排泄行為自体や排泄物に性的興奮を覚える人の中には、立ったまま・逆立ち・マングリガエシの体勢のまま排泄するなどの行為を行うものもいる。

AV業界においてはかつてはハードなスカトロ作品にのみ出てくる非常にまれなものであったが、ソフトSMというジャンルが流行ると、手軽に女性の羞恥心をあおる手段などとして用いられ登場する場面も増えた。

浣腸プレイは様々な目的で楽しまれる、そのため浣腸プレイを行う人々の持つ性癖は一意ではない。 たとえば、スカトロでは排泄行為や排泄物を楽しむが、ソフトSMで行われるのはほとんどの場合、注入と我慢までである。

浣腸の全課程、全要素を楽しむ人はむしろまれで、浣腸のある点では楽しめるがある要素が絡むととたんに萎えてしまうという人の方が多い。

パートナーと行う場合は特に、パートナーの望む行為とずれがないのかを十分確認しておく必要がある。

また、直接の性的行為としてではないが、肛門性交、および肛門を使った自慰行為の前戯、あるいは準備としても行なわれる。

便意を感じているときでなければ直腸内に便が残留していることは少ないが、腸内細菌は肛門周辺に多いため洗浄しておくことは感染症の予防にはなる。

ただし完全に洗い流せることはなく、むしろ排便の促進により直腸内を便で汚すことすらある。浣腸により汚い部分である、という精神的な負担を抑え、肛門を緩める意味で行なうことが望ましく、肛門性交にはコンドームが必須である。

AV業界での採用や性の多様化により、浣腸プレイはごく限られた人々が行う行為ではなくなってきている。また、イチジク浣腸などの家庭用浣腸が一般に普及していることも手伝って手軽にできる行為として受け止められがちである。

しかし、本来は医療行為であり、その方法を誤れば命に関わる事故につながるため、危険性に関する知識は最低限得た上で十分注意して行わねばならない。

バリエーション[編集]

アフリカの浣腸
浣腸セックス
主に女性側に浣腸を施し、我慢させながらセックスを行う。またはセックス中に浣腸する。その際、空気を少し入れておくと排泄するときに音がして、性的興奮が高まるという。
浣腸フェラチオ
上記の行為の変形で、主に女性側に浣腸を施し、我慢させながらその口で男性自身に奉仕させる。男性の射精を先に導くまで、排泄を許可しないという応用プレイもある。
浣腸アナルセックス
浣腸を施し排泄を我慢させたパートナーの肛門へ男性器やペニスバンドを挿入する。
温泉浣腸
男性器を肛門に挿入した状態で排尿し、パートナーに浣腸を行うもの。当然コンドーム等を装着せず挿入しているので陰茎を経由して感染症を引き起こしやすく、排尿後の逆流で尿道内に便が入り、尿道炎、膀胱炎等を引き起こす可能性が高い非常に危険な行為である。別名ション浣ともいう。
浣腸オナニー
浣腸を施し、便意を耐えながらオナニーを行う。オナニー中にまたは絶頂とともに排泄したりもする。男女ともに行える。純粋なオナニーとしてのほか、これを命ずる、見られながら行うなどパートナーを伴うプレイとしても行われる。
空気浣腸
薬剤や浣腸液を注入せず、バレーボールの空気入れ等を利用して空気だけを注入し、オナラの音を楽しんだり、放屁の羞恥心を煽ったりする。また、女性の単独プレイの場合は、極限まで腸内に空気を注入することにより丸々と膨らんだ腹部を「臨月腹」に見立て、あとから来る膨満感や腹痛を「陣痛」のつもりで我慢するという「疑似妊婦プレイ」も行われる。空気浣腸は薬液やぬるま湯と違って短時間に大量注入の可能なプレイなので、つい無理をしてしまいがちだが、実は腸内に注入された空気は高圧ボンベの中の圧縮空気と同じでパンパンに張り詰めた状態になっている。消化器系の持病があったり過去一年以内に開腹手術を受けたりした者は腸管を破裂させる危険性が高いので、決して空気浣腸プレイを試みてはならない。
シャワー浣腸
シャワーの先端のノズルを外してホースから肛門にぬるま湯を注入して行う浣腸。一般家庭でも簡単にできる浣腸だが、ホースの先端で肛門を傷つける危険性がある。事前に肛門にローションやクリームを塗っておくと良い。水圧によって腸が破裂する危険性もあるため十分注意する。できればノズルを直接挿入する行為は避けた方がよい。ノズルは外さず水圧をかけたシャワーを押し当て肛門の力の調節で浣腸を行うこともできる。一人でも簡単にできるためアナルプレイの準備などとしてもよく利用される。
ウォッシュレット浣腸
ウォッシュレットの水圧を高め、肛門の位置や力の入れ具合を調節して浣腸する。一人でも簡単に行え、即排泄も可能という手軽さから、潜在的に行っている人も多い浣腸プレイである。アヌスを使用した自慰やセックスの準備としても行える。
野外浣腸
野外にて浣腸を行う。野原などへ排泄したり、おむつを着用の上外出先などで排泄する。都会の路地で排泄させることもある。
牛乳浣腸
牛乳を浣腸する。排泄物と混ざり合った独特の便が出る。AVなどでも行われることが多いが、多くの場合は純白の牛乳のみが排泄されるという演出のため、事前に洗腸を行う。ただし、冷たいままの牛乳を注入したりした場合など、行為後も下痢が続いたり、もともと便秘症の場合は残留した牛乳が腐敗する可能性もあるなど危険性も高い。
石鹸浣腸
一般的な家庭でよく使われる固形の石鹸を溶いて浣腸する。体への負担が少なく大量に注入できる(極端な入れすぎは厳禁である)。
浣腸バトル
2人に浣腸液を挿入して、排便を長く我慢できた方が勝ち。

マナー[編集]

安易に行うと法令違反に問われる場合がある。

  • 医師免許を持たないものが浣腸を行うと医師法違反に問われることがある。
  • 浣腸を行った結果、けがをさせたり、健康上の問題が発生した場合、傷害罪に問われることがある。
  • 公共のトイレにて男子トイレに女性、女子トイレに男性が入ること自体は違法ではないが、覗き等の疑いで迷惑防止条例違反に問われる可能性がある。
  • 街路または公園、その他公衆が集合する場所での排泄は軽犯罪法違反である。
  • 排泄、失禁等により公共物、他人の所有物を汚した場合、器物破損に問われることがある。

危険性[編集]

浣腸プレイはその行為の性質上、医師等の監督を受けることなく素人によって興味本位で行われるものであり、医学的知識の乏しさや認識の低さ、フィクションによる先入観等から、一般の医療行為としての浣腸ではありえない不適切な手法によって危険な状態に陥る事故が起こりうる。以下に、犯しやすい過ちの例を挙げる。

大量に注入する
小説などのフィクションでは5リットルなどというとんでもない量を注入するなどの表現があるが、安全に注入できる量は人体に影響の少ないぬるま湯でも1.5リットル~2リットル程度であり、それ以上の量になると小腸へ逆流が起こったり、注入する圧力によっては腸が損傷を受けることもある。また、ぬるま湯であっても腸へ注入することで急激に水分が吸収され、腎臓などに負担をかけたり、血液の濃度が急激に下がることによる中毒症状(水中毒)に陥る可能性もある。
アルコールを注入する(俗称・アナリスキー)
大腸は水を吸収する器官である。アルコールなどを注入すると、経口で摂取するより速いスピードで体内にアルコールが吸収され、酒が飲めない人はもとより普段酒に強い人であっても急性アルコール中毒になる可能性がある。経口投与に比べ、消化液による希釈を受けないため、比較的高濃度のエタノールが急激に吸収されることになる。同じ薬物であっても身体に対しての影響がより強くなるということを認識すべきである。アルコールを使用する場合は、経口で通常に飲める量よりも十分少ない量を十分に希釈した上で行う。なお、医薬品において坐剤を用いるのは、急速に作用を発現する効果を期待するのと、消化液による化学変化で有効成分が破壊されたり、副作用が発現するのを防ぐためである。
フリスク等のタブレット菓子を挿入する(俗称・アナリスク)
直腸の粘膜を著しく損傷させる危険があるため行ってはならない。ましてやコーラを加える事はメントスガイザーで腸が破裂し死に至る例も報告されている。
牛乳などの食品を使用する
食品関連の物は経口で摂取しても安全で刺激が少なく、アダルトビデオで用いられるために模倣されやすいが、完全に排泄されず腸内に残留した場合、異常醗酵をおこし健康に悪影響を及ぼすことがある。パートナーが頑固な便秘症でなければ過度な心配の必要ないが、洗浄のためのぬるま湯浣腸などをしておくほうが効果的である。誤って腸内などに残留した場合腐敗を起こしやすいので、充分に洗浄する必要がある。またコーヒー類、炭酸飲料等の刺激物が多いのも痛みを伴い危険である。初心者や十分な安全な知識がない者が興味本位でなんでも浣腸として使おうとする場合があるので注意が必要である
高温/低温の浣腸液を注入する
浣腸に適した温度は体温より少し高い38℃前後であるが、40℃以上の液体ではやけどを起こし、腸壁細胞の壊死、化膿などにより甚大なダメージを与える。また、極端に冷たいものでは腸の痙攣や下痢などを引き起こす。
不自然な体位を取る/不自然な注入をする
適切な体位を取らなかった場合、また不自然な角度から注入を行うなどした場合、浣腸器を挿入した際、腸を傷つけ、浣腸液の流出によって腹膜炎、溶血、腎不全などを起こす。また、肛門を傷つけ痔になる可能性もある。特に浣腸器をさし込んだ状態で動くのは大変危険である。
酢・高濃度の薬剤など刺激の強い液体を注入する
濃度の高い薬剤や酢などの刺激の強い薬剤を使用した場合、腸が炎症を起こし、健康に多大な被害が出る。医療用として一般に用いられているグリセリンの場合、30~50%の溶液で、200mlが限度である。医療用のディスポーザブル浣腸でさえ最大容量は50%溶液150mlである。これ以上の濃度・量を注入すると、腸内に過度の負担がかかり、出血を伴ったりと健康に多大な被害が出る。
必要以上に長時間我慢させる
浣腸を用いたプレイではしばしばアナルストッパーなどと呼ばれる器具を浣腸後肛門に挿入し我慢させる事が行われる。外部から挿入するだけのタイプであれば圧力が高まれば排泄可能であるため大きな問題にならないが、これを外部から押さえつけたり、挿入後空気を送り込む物を使用し、自力での排泄を不可能にした場合、被浣腸者の体力の限界を超えた場合でも排泄できなくなり、使用する薬剤によっては、脱水症状、貧血、溶血、腸内の炎症による出血など、健康に多大な被害を及ぼす。また、腸内で突然圧力が高まった場合でも排泄できないため腸に甚大なダメージを与え、場合によっては死に至る場合もある。使用する薬剤によって異なるが、薬局などで購入できるディスポーザブル浣腸を通常の量(2つまで)使用した場合、大まかな目安として我慢させる時間は5~10分程度にとどめるべきである。平気に見えても突然体調が変化することもあるため、十分注意し限界を超えて我慢させないように配慮する必要がある。
頻繁に浣腸する
便秘等で浣腸して排泄を促し、症状を改善させる目的で用いられるが、頻繁に浣腸していると体が浣腸の刺激になれ、通常の便の蓄積では便意を感じにくくなることがある。また、腸が萎縮し便秘になることがある。また、激しい排便を繰り返していると、肛門が傷つき、痔や脱腸を起こすことがある。

また、一般的には問題のない範囲での行為であっても、健康状態や体質等によっては危険な状態に陥ることもあるため、絶対に無理をしてはいけない。健康状態に多少でも不安がある場合は行為を中止する。 浣腸は内臓に疾患がある人は注意する事、お腹が激痛になることがある。

関連作品[編集]

  • ウォーターパワー アブノーマル・スペシャル(史上初の浣腸映画)
  • 被虐の契り千草忠夫の中篇SM小説。クライマックスで、ヒロインのマゾ女子大生が、サディストの婚約者から過酷な浣腸プレイで責めまくられる。)
  • 縄痕がうずく…(結城道三の短篇SM小説。終盤の場面で大学を卒業したばかりのマゾヒロインが、生まれて初めて浣腸を体験。サディストの大学教授の前で洋式トイレに座り込み、排泄の瞬間をさらす。)
  • 淫魔が囁く(霧山樹里の中篇SM小説。マゾである人妻ヒロインが不倫相手の恋人とのデート中、今回も前回のように、浣腸したまま尻を鞭打つと宣告され、あんな痛くて苦しいことはもう二度といや、とわめき叫ぶ。)
  • タイム虎ベル石森章太郎の青年向けSFコメディ漫画。サブヒロインの女子大生・江波今日子が、未来人の催眠術で淫乱なマゾヒストに変貌。主人公のアパートで自ら丸裸をいましめ、尻を突き出して浣腸プレイ[1]を求める。最後は、アヌスに中型の浣腸器を突き刺したまま、メインヒロインの未来人ベルに緊縛された素っ裸を鞭打たれ、マゾとして悦びの絶叫を上げ続ける。)
  • E-CUP SLAVE 愉芽の絆(作品中盤で浣腸を施した後、性交しながら脱糞するプレイがある。その後に引き続いて浣腸プレイもある。)
  • 膨腸遊戯(三和出版から2002年6月に発売された医療プレイ雑誌『カルテ通信・49号』に掲載の短編小説。同誌の愛読者が「ドクター・アッペ」というペンネームで投稿したもので、プロの作家の作品ではない。若い頃に腸閉塞の手術を受けたことがある人妻・理沙が、どうしても腸閉塞の時の膨満感と激痛を忘れられず、ついに空気浣腸の世界への扉を開くという内容。作中では空気浣腸のことを「腸を膨らます」という意味で「膨腸プレイ」という造語で表現されており、それがそのまま題名にも反映されている。

脚注[編集]

  1. ^ 作中ではカンチョーと発音。

関連項目[編集]