浅草〆香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

浅草 〆香(あさくさ しめか、1911年(明治44年)-1997年(平成9年))は昭和期の芸者歌手。本名は大竹ハルイ。

経歴[編集]

新潟県出身。家業が傾いたため、福島県会津で芸者となる。新潟に戻り「〆香」と名乗った。映画監督の斎藤寅次郎や小津安二郎らに見出され、1933年(昭和8年)、ポリドールから「柳の新潟」「雨の大川端」でデビュー。「東海の顔役」、「流れ三味線」、「大陸夫婦囃子」、「梅雨小袖昔八丈」などを吹き込む。特に1936年(昭和11年)に発売した「会津磐梯山」は全国的な大ヒットとなった。1942年(昭和17年)、ポリドールとの専属契約を解消。1950年(昭和25年)には、東海林太郎、渡辺はま子に続く、戦後の海外公演の第3陣として松平晃らとブラジル公演を行う。帰国後は、タイヘイレコードの専属歌手となった。一時引退するが、晩年は哥澤の名取「芝〆香」として浅草で暮らす。1997年(平成9年)死去。享年86。

〆香は「東海の顔役」などといった流行歌のヒットも残したが、小唄勝太郎と同じく生まれ故郷の新潟県の民謡をレコードに吹き込み、紹介したという功績が大きい。勝太郎や市丸と同じく美しい高音と繊細な節回しが魅力で、「佐渡おけさ」をはじめ「越後追分」「新潟おけさ」「三階節」などを座敷唄調に唄ったレコードを残した。今では有名なこれらの唄は、勝太郎、〆香、村田文蔵などのレコードによって初めて広く知られたものである。