浅田棘口吸虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅田棘口吸虫
分類
: 動物界 Animalia
: 扁形動物門 Platyhelminthes
: 吸虫綱 Trematoda
亜綱 : 二生亜綱 Digenea
: 棘口吸虫目 Echinostomida
亜目 : 棘口吸虫亜目 Echinostomata
上科 : 棘口吸虫上科 Echinostomatoidea
: 棘口吸虫科 Echinostomatidae
亜科 : 棘口吸虫亜科 Echinostomatinae
: 棘口吸虫属 Echinostoma
: 浅田棘口吸虫 E. hortense
学名
Echinostoma hortense Asada, 1926[1]
和名
浅田棘口吸虫

浅田棘口吸虫(あさだきょくこうきゅうちゅう、学名:Echinostoma hortense)とは、棘口吸虫科棘口吸虫属に属する吸虫の1種。Isthmiophora hortensis (Asada, 1926) Kostadinova et Gibson, 2004 とする説が提唱されている[1]。第一中間宿主モノアラガイヒメモノアラガイ、第二中間宿主はカエルサンショウウオドジョウ終宿主イヌヒトドブネズミイタチテンタヌキ。浅田棘口吸虫の虫卵は終宿主の糞便とともに体外に排泄され、水中でミラシジウムは孵化して第一中間宿主に体表から侵入する。第一中間宿主内でスポロシストレジアセルカリアと発育し、セルカリアは体外へ遊出し、第二中間宿主へ侵入する。第二中間宿主内でメタセルカリアとなり、第二中間宿主が終宿主に捕食されると終宿主の小腸で脱囊し、成虫に発育する。

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 今井壯一ほか編 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 4254460279