流政之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

流 政之(ながれ まさゆき、1923年2月14日 - )は、世界的に活躍する彫刻家作庭家。"Samurai Artist"の異名をもつ。

人物[編集]

1923年長崎県に生まれ、幼少時代は東京で過ごす。1936年京都に移り、1942年立命館大学法文学部へ進学。その後中退し、海軍予備学生出身の零戦搭乗員として終戦を迎える。その後、世界各地を放浪、独学で彫刻を学び現在に至る。1964年にニューヨーク世界博覧会で壁画「ストーンクレージー」(日本から2500個、600tの石を運んだ。)を展示し話題を呼ぶ。1975年には、ニューヨーク世界貿易センターのシンボルとして約250トンの巨大彫刻『雲の砦』をつくり国際的評価を得る。また、作品『受』はニューヨーク近代美術館の永久保存作品(パーマネントコレクション)として収蔵されており、彼の国際的評価の高さを裏付けている。1967年には、TIMEが選ぶ日本を代表する文化人の一人に選ばれた。

彫刻家として活躍するかたわら、庭園の作品も残す。代表作に東京天理教館庭園、皆生温泉東光園庭園などがある。

1987年に日本経済新聞「私の履歴書」に自伝を掲載する。

最近の作品に、関西学院大学理学部(現理工学部)の兵庫県三田市への移転を記念して制作された『月わたり』(2001年、黒御影石)、立命館慶祥中学校同高等学校に寄贈された『NANDABE』(2004年)などがある。

2005年11月8日、JapanStoneFairにおいて「こころわけ」を発表。

2013年(90歳)現在、高松市郊外の庵治半島の北端近くにアトリエを構え住む[1]

主な受賞[編集]

主な作品[編集]

著作[編集]

  • Masayuki Nagare: The Life of a Samjurai Artist(1995年、Art Media Resources, Ltd.)
  • Nagare Masayuki =: [Masayuki Nagare] (1990年、Edobori Gallery)
  • Nagare, recent sculpture(1988年、Nichido Garo)
  • Nagare: [exhibition] Tokyo, 3-20 October, 1981, Galerie Tokoro ... [et al.](1981年、Galerie Tokoro)
  • Recent sculpture of Masayuki Nagare: November 9 to December 4, 1965(1965年、J. Weatherhill)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

引用[編集]

  1. ^ 「辺境の地から夢育む 離島は日本の原点」日本経済新聞2013年9月21日夕刊5面