流動層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

流動層(りゅうどうそう)または流動床(りゅうどうしょう)とは、上向きに流体を噴出させることによって、固体粒子を流体中に懸濁浮遊させた状態をいう。粒子に働く流体の力と重力とがつりあい、全体が均一な流体のように挙動する。

次のような利点がある。

  • 固体と流体との接触面接が非常に大きい。
  • 固体と流体との相対速度が大きい。
  • 固体粒子が急速に混合される。
  • 粒子間または粒子と器壁との衝突頻度が高い。

このため、各種工業工程に幅広く応用される。

例としては、焼却炉またはボイラにおける燃焼水処理化学反応乾燥乾留吸収吸着造粒などがある。

関連項目[編集]