洪自誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

洪 自誠(こう じせい、生没年未詳)は、中国代の著作家。 本名は洪応明で、「自誠」は。号は、還初道人。万暦年間(1573年 - 1620年)の人物とされる。

著書に、儒仏道の三教を融合した『菜根譚』、仙界・仏界の古典のなかから逸事や名言を抜き出して編集した『仙仏奇蹤』四巻がある[1]

守屋洋によれば、詳しい経歴は不明ながら、若い頃科挙の試験に合格して官界に進んだが中途で退き、もっぱら道教仏教の研究に勤しんだとされる[1]

参考文献[編集]

守屋洋『『[決定版]菜根譚』PHP研究所、2007年

脚注[編集]

  1. ^ a b 守屋(2007年)p.15