洪思翊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
洪 思翊
홍사익.jpg
フィリピンの戦犯法廷にて(右端が洪思翊)
生誕 1889年3月4日
朝鮮 京畿道安城
死没 1946年9月26日
フィリピン
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1914年 - 1945年
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示
洪思翊
各種表記
ハングル 홍사익
漢字 洪思翊
発音: ホン・サイク
日本語読み: こう しよく
ローマ字 Hong Sa Ik
テンプレートを表示
洪思翊と家族

洪 思翊(こう しよく、ホン・サイク、1889年3月4日 - 1946年9月26日)は大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将太平洋戦争大東亜戦争)後、戦犯としてフィリピン処刑された。日本統治下の朝鮮出身の日本陸軍軍人としては、王公族として皇族と同等の優遇を受けた李垠中将と並び、もっとも高い階級に昇った。

出自[編集]

1889年李氏朝鮮京畿道安城両班の家に生まれた。本貫は南陽洪氏である。1905年日韓保護条約締結後、大韓帝国の陸軍武官学校に入学している。1909年に陸軍武官学校廃止にともない、日本の中央幼年学校に国費留学し、首席で卒業した後、間もなく陸軍士官学校に進学した。当時、陸軍士官学校には大韓帝国からの派遣留学生が何人も在籍しており、1910年日韓併合に衝撃を受けて抗日独立運動に身を投じた者も多数いたが、洪は現在決起するのは朝鮮の独立を回復するのに繋がらず、しばらく研鑽を積み実力を養成した後戦うべきだとして級友達と路線を分かつ。

軍歴[編集]

1914年に陸軍士官学校を卒業し(26期。卒業時の成績は742人中31番)、陸軍歩兵少尉に任官、第1師団第1連隊に配属された。1923年には陸軍大学校(35期)も卒業している。日本統治時代に陸軍大学校に入学した朝鮮人は李垠桃山虔一(李鍵)、李鍝と彼だけであり[1][2]、洪以外の3人は、いずれも大日本帝国皇族同様の優遇を受けた王公族であった。1925年には陸軍参謀本部に配属され戦史編纂にあたった。1929年には陸軍少佐となり、1931年8月に陸軍歩兵学校教官を経て、1933年4月関東軍司令部に配属され、満州国軍に顧問として派遣された。奉天軍官学校(陸軍士官学校に相当)の指導に当たったほか、軍官学校の募集対象に満州国在住の朝鮮人を含めることとし、それまで日本人・満州人・延安系朝鮮人に限られていた満州国軍将校への門戸を朝鮮人移民にも開放した。1934年に陸軍歩兵中佐となり、1936年まで関東軍司令部参謀部に勤務した。

洪は、旧韓国軍・日本陸軍士官学校時代からの旧友である韓国光復軍司令官池青天から、大韓民国臨時政府に加わったらどうかと誘われたが、朝鮮の独立には未だ時機が至っておらず、今立ち上がることは良策ではないとして、旧友の招聘を断った。だがその一方で、池青天を含む旧韓国軍出身の抗日活動家と秘密裏に友情を保ち、その家族を自費を以て支援したり(これは一歩間違えば洪本人にも危険が及ぶ行為であった)、創氏改名が行われた時も、最後まで改名を行わず、姓の洪をそのまま氏とした。洪は日本統治下における朝鮮人の立場を「イギリスにおけるアイルランド人のようなもの」と息子に説明していた。また、高宗皇帝が下賜した大韓帝国の軍人勅諭を、生涯身に付けていたとも言われている。

洪はその卓越した能力と研鑽で昇進を遂げた。1936年に陸軍歩兵学校の教官に転勤し、翌1937年の日中戦争勃発に伴い12月に中支派遣軍司令部に配属され中国戦線に派遣された。1938年2月には中支派遣軍特務部員として上海に派遣され、3月に陸軍歩兵大佐に昇進して興亜院調査官(もとは文官のポストであったが、当時の軍の権限拡大により軍人が配属されるようになっていた)となり上海の華中連絡部に配属され、情報収集や政治工作に従事した。

1940年8月に留守第1師団司令部に配属され、1941年には陸軍少将に進級、華北の河北省に駐屯する歩兵第108旅団長となり、華北の八路軍を相手に戦った。八路軍傘下には朝鮮義勇隊の華北支隊がいたが、同年12月に胡家庄の戦いで日本軍に打撃を受け、主だった隊員が戦死したり捕虜となったりした。1942年4月から1944年3月までは陸軍公主嶺学校の幹事(副校長)となっていた。

1944年3月に比島俘虜収容所長としてフィリピンに赴任、同年10月陸軍中将に進級、同年12月には在比第14方面軍兵站監となって終戦を迎えた。皮肉な事に、これが長年彼が心の中で望んでいた朝鮮解放の瞬間であった。終戦後は、故郷の朝鮮で教師になり静かに暮らしたいと望んだ彼だったが、結局解放された祖国を見ることは出来なかった。

連合国軍から、捕虜収容所長時代に食糧不足から捕虜に十分給養できなかった責任を問われた洪は、軍人として弁解や証言することを潔しとせず、自らについては一切沈黙を守った。(但し自身の法廷では沈黙を続けたため一切の証言記録が残っていないが、他の戦犯被告人を弁護するための証言は積極的に行ったため、洪の置かれた状況や心情は他の裁判記録によって間接的に伺い知ることができる。)韓国国内では日本の陸士同期生などを中心にマスコミで救命運動が行われたが結局流れを変えることはできなかった。その結果マニラ軍事法廷で戦犯として1946年4月18日に死刑判決を受け、同年9月26日マニラで処刑された。

辞世の歌[編集]

  • 「昔より冤死せしものあまたあり われもまたこれに加わらんのみ」
  • 「くよくよと思ってみても愚痴となり 敗戦罪とあきらむがよし」

子息[編集]

洪は独立後の韓国では親日派として糾弾の対象となった。長男の洪国善は早稲田大学を卒業後、朝鮮銀行に勤務していたが、当時の李承晩大統領の直接命令により辞職させられた。また、未亡人の李清栄も、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)を卒業していたが、韓国に帰国した後は一切の職業から追放され、日本に戻らざるを得なくなった。2人ともアメリカに移住したといわれる。

なお、洪思翊は戦時中に朝鮮出身脱走兵を隣家に匿っていたことがある。このとき単に「脱走兵を匿う朝鮮人の家」と考えて洪の自宅へ捜索に訪れた憲兵は、中から陸軍少将(当時)の軍服を着用した洪が出てきたことに仰天し、そのまま逃げ帰った。

脚注[編集]

  1. ^ 정범준 (2006년 5월 25일). 《제국의 후예들》. 서울: 황소자리, 490쪽. ISBN 8991508189
  2. ^ 길윤형 (2006년 8월 24일). 황실, 친일과 항일 사이. 《한겨레21》 (제624호).

参考文献[編集]

関連項目[編集]