津島ノ宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津島ノ宮駅
営業時の駅舎(2007年)
営業時の駅舎(2007年
つしまのみや - Tsushimanomiya
Y13 海岸寺 (3.3km)
(2.2km) 詫間 Y14
所在地 香川県三豊市三野町大見
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)[1]
所属路線 予讃線[1]
キロ程 39.8km(高松起点)
電報略号 ツミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
7人/日(降車客含まず)
-2011-
開業年月日 1915年大正4年)5月7日[1]
備考 臨時駅
ホームの様子
津嶋神社

津島ノ宮駅(つしまのみやえき)は香川県三豊市三野町大見にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線である。臨時駅のため、駅番号は付されていない。

毎年8月4日5日の津島ノ宮(津嶋神社)の夏季大祭開催日のみ営業するため[1][注釈 1]、大型時刻表に出るのは夏の臨時列車が掲載される6 - 8月号のみ。なお、長期休止中の駅を除くと日本一営業日数の少ない駅である。

駅構造[編集]

  • 単式1面1線の地上駅である。カーブの途中にホームがあるため、列車は傾いた状態で停車する。このため車両とホームの間が開いた箇所があり、列車の停車時には職員が児童などの下車を手伝う目的で車両の扉付近で待機している[要出典]
  • ホームの後ろのスペースに椅子を並べたテントを設けて、待合室としている[要出典]
  • 木造平屋建ての駅舎があり、車内補充券の発券機を使って近距離の乗車券を発売する。改札口も有人で対応するため、この駅の改札スタンプも存在する[要出典]
  • 駅看板は、開業日のみ切符売り場上に吊り下げて対応(開業日以外は駅舎内に収納)していたが、2013年に「SHIKOKU SMILE STATION」の一環で「つしまのみやえきちゃん」を模した駅看板に変更された。また、切符売り場周りも白に塗り直された[要出典]
  • 駅舎の線路側にある年間を通じて常置の駅看板は、同じ予讃線にある箕浦駅の物を再利用している(近くからみると、うっすらと「箕浦駅 MINOURA STATION」と読み取れる)[要出典]

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2010 6
2011 7


営業時間[編集]

両日とも営業時間が異なり、2011年までは例年、8月4日が7時頃 - 23時頃、5日が8時頃 - 15時30分頃となっていた。2012年以降は大幅に短縮され、8月4日が9時 - 22時、5日が9時 - 13時となっている。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1915年大正4年)5月7日 - 開業[1]。(津島ノ宮仮乗降場
  • 1969年昭和44年)10月1日 - 臨時駅となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄の分割民営化により、四国旅客鉄道の駅となる。
  • 2013年平成25年)12月22日 - 「予讃線(多度津駅~観音寺駅間)開通100周年記念コンサートin津嶋ノ宮(みとよ)」開催のため、臨時営業。当駅発着の臨時列車『ふるさと列車「三豊市民号」』運行[2]
  • 2015年(平成27年)5月10日 - 当駅の開業100周年記念イベントのため、臨時営業(予定)[3]。営業時間は9時 - 16時45分。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予讃線
海岸寺駅(Y13) - )津島ノ宮駅 - 詫間駅(Y14)

脚注[編集]

  1. ^ ただし、2013年に限り、予讃線開通100周年記念イベントを周辺で行った関係で12月22日にも営業した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 山中尚登(2015年4月22日). “JR津島ノ宮駅:100周年 来月10日イベント”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ 「予讃線(多度津駅~観音寺駅間)開通100周年記念コンサートin津嶋ノ宮(みとよ)」の開催について - 四国旅客鉄道株式会社・三豊市、2013年11月29日、2013年12月1日閲覧。
  3. ^ 予讃線「津島ノ宮駅開業100周年記念イベント」みとよシーサイドコンサートin津嶋ノ宮(つしまのみや)の開催について四国旅客鉄道プレスリリース2015年3月20日

関連項目[編集]