津古駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津古駅
駅舎
駅舎
つこ - Tsuko
筑紫 (2.2km)
(1.1km) 三国が丘
所在地 福岡県小郡市津古
所属事業者 西日本鉄道
所属路線 天神大牟田線
キロ程 23.0km(西鉄福岡(天神)起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,625人/日
-2012年-
開業年月日 1924年大正13年)4月12日
左が上りホーム、右が下りホーム

津古駅(つこえき)は、福岡県小郡市津古にある西日本鉄道天神大牟田線。下り列車は当駅より筑後地方に入る。駅舎前に小さい踏切がありラッシュ時になると踏切前に客がたまりやすくなる。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線をもつ地上駅。ホーム有効長が5両編成分しかなく、6両以上は大牟田側5両を除きドアカットが行われる。ホームと駅舎は構内踏切で結ばれている。なお、構内踏切がある駅は起点の西鉄福岡(天神)駅を出ると当駅が最初である。

駅舎は下りホーム側にのみ設置されており、西側の改札口は入場のみ可能。1990年代後半に自動改札機が設置されるまで、券売機が未設置であり、西鉄小郡駅以北では唯一駅員が手売りで乗車券を販売していた。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員は2,625人である。各年度の1日平均乗降人員は下表のとおり[1]

年度 1日平均
乗降人員
2000年 4,171
2001年 3,925
2002年 3,805
2003年 3,721
2004年 3,644
2005年 3,632
2006年 3,525
2007年 3,421
2008年 3,357
2009年 3,159
2010年 3,015
2011年 2,914
2012年 2,625

駅周辺[編集]

当駅は小郡市の北端部にあたり、筑紫野市との市境まで200m程度の距離である。駅周辺の一帯は元々は農地であったが、福岡市のベッドタウン拡大により、駅の西部・西南部の小郡市域では一戸建て住宅が増えている。駅周辺に大規模な商業施設・公的施設などはない。なお、駅の周辺を宝満川が流れている。

  • 聖和記念病院
  • 小郡津古簡易郵便局
  • くわの眼科
  • 栗田耳鼻科

隣の駅[編集]

西日本鉄道
天神大牟田線
特急・急行
通過
普通
筑紫駅 - 津古駅 - 三国が丘駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小郡市データボックス (交通・通信) 西日本鉄道各駅の乗降人員数の推移

関連項目[編集]

外部リンク[編集]